第 1 頁 / 全 183 頁中  最後のページ>| next>>

Mobile版をご覧の方へ

  • 2020年4月1日(水)
  • カテゴリー:Top info
  • コメントを見る(0)書く
  •  

 右メニューを、2020年度の新教科書の単元配列にしました。
 「ブログ内検索」にキーワードを入れると知りたい記事が表示されます。

 

これからの単元の ユニークな実験特集

花から実へ マッチをすろう 炭酸水からCO2を取り出す ムラサキイモで水溶液を 生物どうしのつながり 筋肉と骨 手羽先

理科支援員 おもしろ実験 ブログ 面白い おもしろい 実験 観察 アシスタント

「さつま」って呼ばれてるんです

さつま加工

 ロープの端加工の方法の一つですが、このように編み込んで輪にする加工は、さつま加工って呼ばれてます。プランクトンネットなんぞを投げる時に、このロープまで水の中に引き込まれてしまうってことがあります。そうならないように、こんな加工をしておいて、手首なりに通しておくと安心です。

さつま加工

 3本撚りのロープをほどきます。1本ずつに撚りが戻らないようにテープ止めをしておきます。ほどいたロープの方にもほどけないように、テープ止めなり糸を巻いて止めておきます。

さつま加工

 この段階で忘れずに熱収縮チューブを通しておきます。加工後に糸の端が出てきて見苦しいのがマシになります。なければビニルテープを巻いても良いし、ほどいたロープの先を炙って固めておいてもいいです。

さつま加工

 3本のロープの撚りの下にほどいた先をくぐらせていきます。固いロープなら、割り箸の先を鉛筆削りで尖らせたもので押し上げておくとやりやすいです。

 大事なのは、それぞれの解いたロープの一くぐり目を、どこをくぐらせるか、です。それさえうまくいくと、あとは一つ飛ばしにくぐらせておくだけですから。

さつま加工

 切りっぱなしの端だって加工しておくと良いです。綱引きの綱の端ってこんなダンゴにしてありませんか?3本を互いにひと結びした後は同じようにくぐらせて行くだけ。

 

 さて、その場所は、「さつま加工」なんぞでググってくださいな。写真入りで詳しく説明しているサイトがありますから。

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

2学期の実験のために 

試験管の準備

 盆休み明けから水溶液の実験が始まる。6種の水溶液にムラサキイモ色素を加えて呈色を見る実験からやったら、と準備。

 しかし、試験管がキタナイ。白いスジのあるのが散見される。おかしいなぁ、石灰水を使った後は酢洗いをしておいたのに、何の白い線だろう。

 塩酸を注いでは、次々と試験管に回し飲みさせてみたが、消えん。しゃぁない、クレンザー洗いをする。

 

 で、6本の試験管に、それぞれ、目印のマスキングテープをはって、12班分用意した。使う水溶液は、塩酸、食酢、水道水、重曹水、石灰水、水酸化ナトリウムの予定。試験管立てにはさんでいる紙は、呈色反応を見るための白色の背景。どうも、乾燥のための棒が邪魔な気がするもんで。

 

 さて、「色を見て水溶液の仲間わけをしてみよう」「なぜ、そう分けたのか、その理由も書こう」ってな課題にすると、「理」科っぽくなるんとちゃうかな。

 

 予備実験用にと、酢、重曹水、石灰水、とムラサキイモ抽出液を出しておいた。

 

 

 やっと短いけど夏休み。職員は検診と夏休をとったら終わりって短さ。

 そんなわけで、更新がちょっとまばらになります。

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

モツゴかなモロコかな? <メダカのたんじょう>

メダカに交じってきた魚

 頂いたメダカに交じっていた魚ってのがコレ。メダカよりもサイズが大きい。これでは仔メダカは食われてしまう。気が付いて別の水槽にまとめておいて良かった。

 その子たちを、職員室前の水槽に入れた。

 

 メダカに比べると、背びれの位置が違う、尻びれが小さい、口の位置が違う、なんてことを観察すると良いのだけどなぁ。メダカって、形が特徴的なんだワ。口が上の方についているので、金魚のように立ち泳ぎをして餌を食べなくて良いのだ。尻びれ、背びれでハグするために大きくて、位置がずれてるんだワ。

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

ぼちぼちコレを使えるようにせんと <水溶液の性質>

pH計

 1学期教材が終わった。で、8月中旬から水溶液が始まる。

 創立以来の備品のpH計のガラス電極が破損したので、新しく購入したデジタルpH計を使えるようにせんとアカン。

 

 パッケージをあけて、1枚物の取説をコピーしてラミネートして、読んでみた。やっぱり、1点校正をせなあかんらしい。できれば2点校正(そうするほうがいいって書き方なんだワ)

 しゃぁない、古いpH計の箱をあけて、メーターとアンプを放り出して、校正液を残して、このデジタルpH計を収納した。

 旧のpH計は使ってなかったと見えて、電極液を使っただけで校正液はそのまんま残ってる。それで、1点校正をやっておこう。

 

 めずらしく電池を入れたまま販売しているみたい。理科室で多く使っているボタン電池なので助かる。

 ぎりぎり、備品扱いにならない値段だった。で、旧のpH計のメーターとアンプは部品箱へ移動。

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

1本立ちトウモロコシは失敗の元

1

 学習園に鉢植えでトウモロコシが植えてある。よく育ってはいるがコレ、実は失敗のモトなのだ。

 トウモロコシやら稲って、風媒花で、他の株の花粉を得て結実する。1本植えだと、他の株からの花粉が飛んでこない。それで、「真珠みたいな真ん丸のトウモロコシが数粒つくぞ」って言ってる。

 普通、トウモロコシっていうと、ビッシリと実が詰まって、四角形にならざるを得ないのだ。ところが受粉する雌しべがすくないと隣に広がることができて真ん丸の実になる。

 

 「トウモロコシは、湯を沸かしてから畑に行け」って言われる。収穫したらそこから劣化が始まって糖度が下がっていくからだ。それと、畑の周囲ではなく、かき分けて中ほどの株から採ると実の詰まりが良いんだって。

 だから、トウモロコシの1本植えはマチガイ。

 

 学校でトウモロコシを植えるのなら、ポップコーン種がおすすめ。カチカチになってから収穫したら良いし、実が詰まっていなくても、実を外して、ポップコーンにするんだから関係ない。それと、学級の子たちに配りやすい。

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

メダカを頂戴して <メダカのたんじょう>

メダカを放流

 メダカの第2弾を頂戴しました。半分は池に放流して、残りを理科室に置いたって引き継ぎを受けた。

 で、バケツの魚を水槽に移したけど、やたらと元気すぎる。水槽に入れてから横から見ると、大きな魚体はメダカではない。

 仕方がない、水槽の水草を引き上げて、入れたばかりのその大きくて元気な魚たちを掬って取り出す。どうもモロコって感じの魚体。そればかりを1つの水槽に集めておいた。

 そして、育ててきたマツモを池に放り込んでおいた。

 

 何とか、理科室でメダカはふえている。しかし心配は水温。大改装で一部の水道が直圧になったこともあって、高架水槽に上げた水の消費が少なくなっている。理科室は高架水槽からの水。夏なので、高架水槽が温められていくら出しても水がほんのり温かい。その水を足してやっているが、水温は27℃。プールなら泳ぎやすく、メダカの繁殖には良さそうなあたりだが、30℃がリミットなのでこれ以上水温があがってほしくない。

 年によっては、中央廊下になっていて水温があまり上がらない職員室前に水槽を集めたこともあるが、たくさんの水槽を持って降りるのも大変だし、夏休みも短いし、どうするかねぇ。

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

ホウセンカとマリーゴールド <たねをまこう>

マリーゴールドホウセンカ

 1学期が短いもんで、ホウセンカとマリーゴールドが地植えしてある。いつもなら、アオムシ用のマイキャベツを片づけて、各自の植木鉢に植えると良いのだが、1ヶ月ちょっとの1学期では無理だったよう。こんな所にもコロナの影響。

 

 マリーゴールドが早々と花を付けているってことは、肥料切れだワ。

 生活が苦しいと花を咲かせるのであって、いつまでも青春の状態だとなかなか次世代を作らないんだワ。

 ホウセンカは、実を手でギュっと握って、手の中でムニュって動くあの変なものを掴んだ感覚が楽しいんだが、この分だとそれが出来るのが盆明けの前倒しの二学期だな。


 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

スイカが結実 <花から実へ>

スイカが結実

 学習園のスイカが実を結んでいる。そろそろ小玉スイカサイズ。

 "苗はポケットマネーで好きなのを買ってきて植えて、勉強に使った後は「俺の苗だから」と言って副産物の実は持って帰って食べたら良いんだから"って言ってた。出入りの園芸店から買おうと思わないで、ホームセンターにでも行って苗を見繕って買ってくる方が早いのだ。

 

 田舎から持ってきたというワラを敷いて、球の下には納豆の蓋を敷いて、土の中の細菌から離して育てている。

 ワラってのが、麦わらなんだワ。「麦わらは英語で何という?」って聞くと、一瞬おいてから「ストロー」。「子どもの頃は、ストローって言うとコレだったんだ」「歯で噛むと割れて空気が入るので吸えなかった」って経験を披露。しかし、もうじき、ストローって言うと「紙の筒」ってことになりそう。

 

 さて、雄花・雌花を2学期教材としてやるのかな。いつもなら、夏休みの間に枯れてしまって、授業にならないんだけど、今年の夏休みは短いから大丈夫かな?ちょいと、追肥をしておく方がよさそう。

 

 

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

カイミジンコかな? <メダカのたんじょう>

カイミジンコ

 卵を採集して入れていたイチゴパックを見ると、何だか黒くて小さなものが隅っこの方で動いている。

 卵を入れるので、水槽の水と水道水なんだが、何が湧き出てきたんだろう。

 

 顕微鏡で見るとこんなの。確定的には言えないが、カイミジンコかな?

 しかし、何で湧いてくるんだろう?

 

 コレ、メダカの卵にとっては敵ですからね。


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

顕微鏡の修理 6

顕微鏡の修理

 ステージの下げ切りのストッパーが曲がってしまう顕微鏡。最も台数が多いのでカナワン。で、座金を添えてやることで何とかならんかとやってみた。

 アームを固定しているビスの頭が干渉するので、座金を削ってみた。エエ感じ。

顕微鏡の修理

 大きめの厚い座金なので、そうそう簡単には曲がらんだろう。
 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

更新情報

累計記事数: 1821
最終更新日: 2020/08/07

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科
 5年生 理科
 4年生 理科
 3年生 理科
 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング

Microbitでプログラミング

カテゴリー別記事一覧

Special Articles Link

収納の工夫 掲示物 「リトマス紙の保存」 備忘録 「ハンダ付け」 「電熱器の修理」 Scratchプログラミング

特集記事

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

過去の記事

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村