第 1 頁 / 全 19 頁中  最後のページ>| next>>

イネを植えるんだそう

イネの栽培にむけて

 稲を植えたい、って相談を受けた。そりゃぁ種もみが要るやん。そこらへんで種として売ってるもんじゃぁない。それなりの所から譲ってもらわなくては…。ダメなら、玄米から発芽させるか…、なんて考えてたんだが。

 何と、田植えの残りを貰ってきたらしい。

田植え

 で、田植え。大きな練り舟というかコンテナと言いうかって容器に土を入れて植え付け。全体的に遅いな。もう田んぼでは分けつが始まっているのに。

 

 田植えや稲刈りにバスを借りて出かけることもあったが、それを校内でやってしまおうというのがねらい。臨時休校で授業時数がひっ迫していることの対策。

 

 

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

臨時休校中のメッセージ動画に 

メッセージ動画に

 先生方から臨時休校中のこどもたちにあてた動画のメッセージが、各学年でそろってアップされた。

 

 さすが、3年生はモンシロチョウだ。これなら、勉強って感覚ではなく取り組めそう。学校再開までに、虫博士が何人か育っていたら、「チョウを育てよう」って教材は特に教えんでも何とかなる。

 

 もとは、このブログの写真。それにキャプションをつけてScratchのスライドショーにしたもの。大きさが爪楊枝ではピンとこないだろうと、メジャーを足してくれて、赤マルでかこんである。

 卵だって、エッ、こんなに小さいの、って思うのだから、これは良いRemixだワ。

 

 動画のメッセージでも、私は授業の一環だととらえるので、このBlogの写真は使っていただいて結構です。

会見背景

 校長の動画のメッセージを見て、部屋の壁そのままでは背景が寂しいな、って思って、記者会見でよく見る市松模様の背景を作っておいた。

 A3で9枚サイズと、運びやすい大きさなので、各学年ともあちこち持って行って撮影していること。コレがあるとオフィシャルな感じがするって。

 

 なぁに、Excelで印刷範囲を設定して、同寸法になるように隅トンボを描いておいて、そこへ校章やら校名、教育目標などを大きなテキストボックスで貼り付けただけのもんだ。印刷したらホッチキスで止めて同寸法になるようにカッターナイフで裁断して、ベニヤ板に貼り付けた。“裏を見たら、あ、コンピュータ室の掲示だったんか”って、外したベニヤの再利用。

 


 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

PV順でTOP10に入りました

TOP10

 このBlogをご覧いただく方が増えていて、ブログ村のPV順で教育ブログのTOP10に入ってました。

 コロナ休業のために少々心の余裕があるのか、教材研究のために検索する方が多いのか、なんて思ってます。何にしても、ご利用いただくのは良いことで。

 

 ウチでは、このBlogの写真を廊下に掲示して、学習環境を整えようってことをしています。Scratchでもスライドショーを見られるようにして、休業中に家庭でも見ることができるようにしています。

 写真の著作権は私にありますが、授業で使う範囲ならば著作者の権利が及ばないと法的にも示されています。どんどんご利用いただいたらって思ってます。

 

 ご訪問に感謝申し上げます。

 

 ブログ村へは、各記事下の「理科教育」のバナーから入れます。 ↓コレ

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

水槽の模様替えが出来ている 

川魚の水槽

 職員室前の廊下で飼っていたのは、特大に育った金魚。キンギョならともかく、金魚すくいのヒブナだったからなぁ。

 それをリフォームが済んだビオトープに移して、新たに川の魚を入れるってプランが相談されていた。

 見ると、もう入れ替わっているではないか。オイカワやらカワムツに交じって2匹ほどメダカもいる。聞けば川で捕獲してきたんだと。本格的な教材研究ではないか。

 池の藻が全滅になったので、理科室にマツモを取りに来て、植え付けている。

 ついでに、メダカを飼うはずの池にいるザリガニは、捕獲して放流しに行ったんだと。在来種のメダカにこだわっているので、それを食べる生き物は居てくれたらコマル。

 

 理科は環境だよ、って見本みたいなもん。臨時休校で気持ちに余裕があるから出来たんだろう。

 観察用の教材植物のツユクサで例年苦労を重ねているが、そんなメジャーな雑草をあつめた雑草園とか、虫がたっぷりといるバッタランドとか、そんな環境もほしいねぇ。歌の詞に出てくる、カラスウリとかツクシとかフキノトウ、ツタの葉っぱ…そんなのも欲しい。

 

 忙しくって学習環境も作れないなんてのは、どっかおかしいって思うんだよね。私みたいなサポート役がもっと必要なんだろね。

 

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

学年ごとに、理科室で 

 臨時休校が今月いっぱい続くってことだ。私の仕事も5月からだが、いろいろそれまでに準備しておかなくちゃならんこともあるし、飼っているメダカに餌もやらなあかんし、家に居てもどうせヒマだし…、と学校に出てる。

自記温度計
 お〜ぃ、勉強するか?って声をかけたら4年生担任が来た。で、自記温度計を渡した。こう、紙を巻き付けて、1回転が1週間を選んで、百葉箱に置いて試運転を、ってことにした。

 あとは、過去天気のデータを添えれば、授業ネタの出来上がり。

気体の対流実験

 続いて理科室で、対流の実験をしたい、というので、あれこれ出してきてやってみる。製作したばかりの「気体の対流実験器」も使ってみる。

 対流って、ぐるぐる回るって習った?と聞くとそうだという。温まった軽い空気が上に滞留するのであって、ぐるぐる回ったりはしないって説明。対流ではなくて滞留なのだ。

 

 しかしホンマに示温インクを塗った不織布はよく反応してくれる。大きさも良い。もうチット余裕があれば全面をこの示温インクのシートにしちゃうと良いんだろうけど。

 

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

ソーラーライトを分解してみる 

ソーラーライト

 学童保育の子らが冬場に帰る頃が暗いためか、ガーデンソーラーライトが差してある。それが破損して頭の部分だけが転がっていたので分解してみた。

ソーラーライト

 中味は、ソーラーセル以外には、二次電池のニッケル水素電池と基板が1つ。基板には、白色LED以外には、インダクタが1つと4本足のICが1つ。それだけ。

 二次電池は、1.2Vなので、そのままでは白色LEDを点灯させるのは無理。昇圧する都合でICとインダクタを基板に乗せているのだろう。

ソーラーライト

 ICの型番から調べてみると、推奨回路としてこんなのが出てきた。暗くなったら自動で点灯するのも兼ねたICらしい。

 

 中国製だと思うが、110円でこんだけのパーツが揃うってのはすごいなぁ、デフレが、って思ってしまう。


 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

もう1ヶ月休校するんだって

休校延長

 始業式に行ってみたら、予定黒板は連日横線で消してある。5月の連休明けまで臨時休校を延長するんだって。始業式自体は運動場でやっている。ずいぶん列の間をあけて。そして、外で学級編制替え。臨時休校中の登校日で出席をとらないので下校も早い。

 

 それとやりたかったのは、新教科書の斜め読み。何と、今まで間に「みんなで使う理科室」なんてタイトルで、器具の扱い方なんぞが書かれていたページが、巻末にまとまってしまっている。コレ、うっかりしてると指導しそこなうぞ。

 で、“明日、コレコレをするから、巻末の○ページを3回音読してくること”って宿題を出しておくと違ってくるだろう、ってことに。


 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

学習園の雑草の紛らわしい二種

ホトケノザヒメオドリコソウ

 春の野草で紛らわしいのがこの花。遠目には同じに見える。

 左がホトケノザ、右がヒメオドリコソウ。同じような色の花を、同じ時期に同じようなところで咲かせている。

 ホトケノザというのは、春の七草のホトケノザとは別物。

ホトケノザヒメオドリコソウ

 簡単に見分けるには、葉の形を見るのが良い。托葉のような葉が対生しているのがホトケノザ。ヒメオドリコソウも対生だが、ハート型の葉に葉柄があるので見分けがつく。

 よ〜ぉく見ると、花の形も違っているんだがなあ。


 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

バッタやらモンシロチョウやら 

バッタがいたぞ

 畑で収穫を急ぎ、片付けをしていると、バッタが居た。何?、この大きさ。成虫で冬越しするんだっけ?

 

 それに、足元から飛び立ったのはモンシロチョウ。今年の初見。ついに、冬らしい冬が来なかった異常気象のせいだろうか。

 子どもたちが育てているモンシロチョウのキャベツも、連休明けまではネットをかけておかないと、早めに産卵しちゃいそう。それで教室に持って上がっちゃうと、連休の水やりに苦労をする。

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

今日は卒業式

卒業式

 今日は卒業式。もともと卒業式はする予定になっていた。5年生が登校しないので、準備も片付けも先生の手。大変な作業。日頃の授業がないので、こんな時にやっておこうか、って黒板に貼る文字を新調していた。

 ま、卒業式をすることにしていただけ、マシ。中には、卒業証書が郵送されてきたなんてのもあるんだそうで。

 

 安倍晋三首相が14日の記者会見で「卒業式も安全面での工夫を行った上でぜひ、実施して頂きたい」と呼びかけたことをめぐり、16日の参院予算委員会で野党議員から「もう終わっている」「なんで今ごろ」との批判が相次いだ。

 中学教諭出身の立憲民主党の水岡俊一氏は「『はぁ?』だと思う。卒業式が幻となった子どもたちが首相の言葉を聞いたら、『遅いよ』と思っているのではないか」と指摘した。(朝日新聞デジタル 2020年3月16日)

 卒業式が過ぎてから言うんだからどうなってんだろうね。こんな人の痛みがわからん人が政治をやってんだから困ったもんだ。学級のリーダーだって任せられねぇ。

 この調子だから、私みたいなフリーランスには、保障は出るはずがねぇ。融資するって言うけど、そんなの、ねぇ。まだトランプのように現金をばらまく方がマシかもしんねぇ。

 

 式場は、床に養生テープがバミリとして貼ってあって、椅子を離して設置をしたみたい。劇団の音響さんをやっていたせいで、大道具さんの手伝いも楽しい仕事なもんで、舞台の片づけを手伝った。ホリゾント幕を畳んで片づけるなんて仕事も。

 

 

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

更新情報

累計記事数: 1795
最終更新日: 2020/07/10

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科
◆以上急ぐ単元
 5年生 理科
◆以上急ぐ単元
 4年生 理科
◆以上急ぐ単元
 3年生 理科
◆以上急ぐ単元
 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング

Microbitでプログラミング

カテゴリー別記事一覧

Special Articles Link

収納の工夫 掲示物 「リトマス紙の保存」 備忘録 「ハンダ付け」 「電熱器の修理」 Scratchプログラミング

特集記事

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

過去の記事

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村