第 1 頁 / 全 19 頁中  最後のページ>| next>>

イカダモを見つけました <生物どうしのつながり>

イカダモイカダモ

 メダカの水槽の底に沈んでいる緑色のものを吸い取って検鏡してみました。これで100倍。アオコだけではないな、ミドリムシは居ないな、って確認してから、400倍へ。

イカダモ

 400倍の画像をトリミングして広げてみました。イカダモの一種ですな。セネデスムスのなかまってことです。

水の中の小さな生き物 イカダモ

 以前に見つけたイカダモはこんなの。同じ仲間でもいろいろいるのでややこしい。

 

ケイソウ

 他に、ケイソウも見つけました。ユーグレナが居て欲しかったんだけどな。

 

 

 

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

葉ででんぷんが作られている <植物のつくりとはたらき>

 学習園では、サツマイモの葉にアルミ箔がかぶせてある。前日に行った仕事らしい。

 ただ、二つ折りにして葉を挟んでいるだけのもあって、ちょっと心配。

 梅雨の晴れ間で、前日は曇り、今日は晴れというか薄曇りというか、って天気。時々太陽が差してくる。

葉の光合成葉の光合成葉の光合成
 二人で、アルミ箔のある葉と、無い葉を取って来て、半分こで取り換えっこして、二つ折りにしたろ紙にはさむ。「光〇」「光×」って鉛筆で書き入れている。

 それを、手づくりの叩き染め器にはさんで、床に座り込んで交代しながら木づちで叩く。床はコンクリート下地なので騒音はマシ。予備実験で机で叩いてみたら、天板はフラッシュ構造って太鼓のような構造なので大変なことになりそうな騒音だった。

 

 ウイズコロナの体制なので、二人組での実験。床が密にならぬように一部のペアは廊下に出て叩く作業。そうしないと、ヨウ素液を配るのに通りにくい。ヨウ素液は給食皿に配るが、20分も経つと確かに色が薄くなる。なので、叩いている間に配って回りたいのだ。12班もあるのだから。

 

 叩いたろ紙から、葉の残骸を取り除いて、ヨウ素液にひたす。緑色のと少々黒っぽいのがあらわれた。

 午前中の授業だったので、午後からならもうちょっとはっきりと出たかも知れない。

 ろ紙は、乾いたらノートに貼る予定。ヨウ素液の色は薄まるだろうけど、こうだったな…って思い出すのに良いから。

 

 

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

本格的に梅雨 <植物のつくりとはたらき>

週間天気予報

 週間天気予報を見ると、ずっと曇りと雨、梅雨が本格化するようです。植物のつくりをなんとかやってきたけど、あとは植物の呼吸を残すだけ。だが、当分無理みたい。

 

 CO2チェッカーという空気の組成を調べるデジタル機器のセンサーは、湿り気を嫌う。袋の内側に露がつくのは仕方がないとしても、雨水では濡らしたくない。

チェッカーの暖機運転

 各班二人しかいないことを良いことにその机の上でチェッカーを暖機運転している。もうダメって言ってるセンサーが一つある。燃焼の実験まで大事に使い続けたいもんだ。

 

 そんなわけで、梅雨明けを待つことにして、当分はものが燃えるしくみを進めることにしよう。


 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

雨模様なのでツユクサの気孔の観察を <植物のつくりとはたらき>

ツユクサの気孔ツユクサの気孔ツユクサの気孔

 植物の呼吸と、光合成の実験になるんだが、どうも太陽があまり出ない日が続きそう。なので、ツユクサの気孔の観察を先にやったら、と進言。

 写真は、40倍、100倍、400倍の生物顕微鏡画像。

 A3サイズでプリントして黒板掲示用に使った。

 

 葉裏の表皮を剥くにはちょっとコツが要る。そのカンドコロは予備実験をしておかなくては。


 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

理科室全体に広がって観察 <植物のつくりとはたらき>

分散配置「ぼっち実験」

 全員登校が始まった。理科室は座席を半分に間引き。

全員登校が始まる

 4人掛けの机に2人。顕微鏡をのぞく姿はちょっと密接かな。もうちょっと斜めにずれたら良いのに、光源装置の真ん中を使いたいんだなぁ。

道管の観察道管の観察

道管の観察道管の観察
今日は道管の観察。同じ机の二人に生物顕微鏡と実体顕微鏡を出す。厚く切りすぎたら実体顕微鏡で見れば良いから。

 「見えた」って言った子の顕微鏡に、コンデジを押し当てて撮ったのがこの写真。

 

 ちょっと赤インクを吸い上げる時間が乏しかった。しおれるのを覚悟で、前日夕刻から吸い上げさせていると良かったのだが。

 

 いえね、先輩に聞いたら、パセリが良いって言われたらしい。セロリの言い間違いだったって笑い話だった。セロリなら1時間もあれば良いし、次のクラスまでまた色水にさしておいたら良いから。

導管の観察

 セロリならこんな感じ。肉眼でもOK。


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

サツマイモの葉数が増えている <植物のつくりとはたらき>

サツマイモの成長

 光合成の実験用にと、芽の出たサツマイモを水栽培して発根させて、土に植えたもの。芋からたくさんの芽が出て、たっぷりの葉数になっている。

 1人1枚はいけそうなので、日光の当たっているのと、当たっていないのを、半分に切ってろ紙にはさんで叩き染めが出来そう。

 

 これは、天気予報をたよりに晴れた日を狙ってやる実験。だって、前日から24枚はアルミ箔で遮光しておかなくてはいかんから。

 

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

ツユクサの花が咲いている <植物のつくりとはたらき>

ツユクサに花が

 鉢植えにして中庭に置いていたツユクサ。青い花を付けている。

ツユクサアップ

 来年のために、そこらへんに種が落ちるまで育てなくては。

 気孔の観察に使う植物で、昔、校内を探すと1株しか見つけられなかった。気孔の観察は、葉裏の表皮をめくりやすい植物を選ぶのがコツ。

水辺のツユクサ

 ムラサキツユクサが試料としては有名だが値段が高い。その点、このツユクサだといわば雑草だから入手しやすい。探すなら、水が近い所が良い。

 

 今年は豊かだワ。この分だと、1人で1芽ぐらい配れそう。薄い表皮を剥がすのを少々失敗しても大丈夫。

 

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

手づくりの叩き染め台です <植物のつくりとはたらき>

叩き染め器

 手作りの叩き染め器です。デスクマットを2枚、木片で止めているだけのもの。昔ので、コピーした資料を挟むとこのデスクマットに転写されてしまうって時代のもの。

 適当に刻んだのだけど、ろ紙を半分に折ると3枚挟める。二人で1台使う予定なので、十分広い。

 図工室から借りた木づちでコンコン叩くのだが、中空の机の上でやると大変なことになる。3階から1階の職員室まで騒音が響くのだ。何より耳が痛いわ、声が通らないわで大変。なので、廊下や理科室のコンクリート下地の床に座り込んで叩くことにする。

叩き染めセット

 市販品がこれ。ろ紙は2枚しか挟めない。台はアクリルのボード、ゴムマットを敷いて使う。

 手づくりの方は作ってから5年。よく持っていること。最近のデスクマットはどうも薄いものが多い気がする。


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

プレパラートの準備 <植物のつくりとはたらき>

プレパラートセット

 さて、来週から全員登校での授業が始まる。やっと始業式だワ。

 4人がけの机に2人掛けでの実験として、プレパラートの準備をしておく。班を半分に分けた2人分のこれを12セット。

 検鏡での観察は、道管と気孔の2回だ。

 

 配布するものは、スライドガラスとカバーガラスが2枚、ピンセットとガラス棒が2本、そして、カッターナイフと水入れのボンベキャップ、まな板代わりの木切れ。

 カバーガラスは時計皿に入れている。これに入れると、取り出しやすいから。

 返却する時は、この皿に入れること、ってのが約束。割れても、かけらが残っていないのを確かめて返せ、ってネ。

プレパラートセット

 それを、金銭皿に入れて配布する。

 この金銭皿、硬貨をずらすと取りやすい形状なので、スライドガラスも取り出しやすくて良いんです。

 ガラス棒は、この皿に合わせて長さを短くしている。カバーガラスを掛ける前に水を一滴たらすけど、スポイトでは多くなりすぎるので、ガラス棒にしている。しかも、1人1本。

 あとは、水を吸い取ったり、ガラスを拭いたりするペーパータオルを入れたら準備完了。

 この皿は、両側から取れる蛍光灯の光源装置の上が定位置。


 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

ゴーヤが雌花を咲かせている <花から実へ>

ゴーヤの雌花

 庭に出てみると、ゴーヤの雌花が咲いていた。

 この角度から見て、雌花だ!って気が付かなくては。

 ゴーヤの雌花

 この向きだったら誰だって雌花だってわかる。

 見ていると、花粉が出てきそうにないから雌花なんですな。雄花の賞味期限は昼頃まで。あくる日には花の首元からポトリと落ちるんだから。


 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

更新情報

累計記事数: 1795
最終更新日: 2020/07/10

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科
◆以上急ぐ単元
 5年生 理科
◆以上急ぐ単元
 4年生 理科
◆以上急ぐ単元
 3年生 理科
◆以上急ぐ単元
 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング

Microbitでプログラミング

カテゴリー別記事一覧

Special Articles Link

収納の工夫 掲示物 「リトマス紙の保存」 備忘録 「ハンダ付け」 「電熱器の修理」 Scratchプログラミング

特集記事

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

過去の記事

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村