第 1 頁 / 全 17 頁中  最後のページ>| next>>

筋肉と骨を、手羽先で観察する <ヒトの体のつくりと運動>

手羽先の解剖手羽先の解剖

 先週から店に取り置きを頼んでおいて、仕入れておいた但馬鶏の手羽先、4kg。チルドなので準備は早い。ザバッと水洗いして、ポリ袋に一つずつ入れて、バットに入れ、机に配布しておく。

 前に集めて説明。「関節」「筋肉」「筋膜」「腱」「じん帯」なんて4年生でやらなくても良いことまで板書。筋膜ってのは、肉を買うときは「スジ」ってんだ、なんてことまで。

 

 うまくいくと、筋肉を引っ張るとピンと立ってくれる。腱がどこにつながっているかも見るんだよって。

 

 1時間目のクラスは少々押したので、4時間目のクラスは、肉を手に持たせて前に集めた。で、説明しながら、皮の下に指を入れさせる。ハサミを入れる道さえつけばあとの仕事が早いからだ。1時間目のクラスは失敗しちゃぁいかんと遠慮しながらとっかかったので、時間が押してしまったのだ。説明を聞きながら一緒に始めちゃうとスタートダッシュがついたみたい。

手羽先の解剖

 引っ張ればピンと伸びる方は取り出しやすいのだが、縮む方は皮が固くて大変。指が入らないので、ハサミを直接入れて切り開く。

 

 終了10分前頃には、「関節も見てみる?」って尋ねた。そりゃぁ4年生のことだ、見たいって言うに決まっている。

「じゃぁ、手首の部分を、曲がらない方向に無理やりベキッと折り曲げてみて」ってじん帯を破って関節部分を観察する。骨の先の白い軟骨が見えることが多い。「ツルツルやろ、ヒアルロンサンかコンドロイチンかしらんけど、動きやすくなってるんだな」って。ヒザのCMが多いもんで聞いたことのある子が多い。

手羽先の解剖手羽先の解剖手羽先の解剖

 割り方によって軟骨が見えにくかったら、赤い骨が見える。骨は造血器官だから血の色をしているのだ。

 

 子どもたちの装備は、事務用ハサミ、あればキッチンバサミって言ったらしくて、デカいキッチンバサミが多かった。力が入れやすいので、調子が良い。一番調子が悪いのが、学校が用意した小さな解剖ばさみだ。それと、タオル。終わった後石鹸で手を洗い、石鹸まみれの手でハサミも洗うが、脂をスキッと落とすにはタオルが良い。ハンカチじゃぁ無理だから。

 

 実験後は、「生ぬるいのや妙に汚れてるのもあって、食べるのは無理ね」って担任。全部回収して焼却場へ、なんだけど、60円で1時間遊べて、勉強になるんだから安いもんだワ。筋肉と、骨と、関節まで観察したんだから。

 機会があればクラスの懇談会などで、中学レベルの理科をやっちゃったってPRしておかなくては。「家で何か言ってませんでした?」って尋ねながら、それとなく。

 

 

 
 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

どうやらコレをやったらしい 

人体の学習で

 どうも理科室を使った形跡がある。見てみるとこんなのが残っていた。

 風船一つを半分に切って模型を作ったらしい。

人体の学習で

 そこで、風船二つを使って横隔膜の実験模型を作ってみた。

 ボトルの中に入れる方を、ヨーヨー釣りの水風船がよかろうと思って用意したのだが、ペットボトルの口が大きすぎて止められない。ボトルの口に合う3号ゴム栓にガラス管を挿して、それに水風船を取り付けりゃぁ出来るんだが、班で一つ作るにはもうチト時間がほしい。

 

 ゴム風船が長持ちしないので毎年作らなきゃならん。そのためにゴム栓を細工して用意しておくことも出来るなぁ。しかし、マニュアルを添えておかんと、「こんなもん、何につかったんやろ」ってことになりそう。


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

遅ればせながら…

ホウセンカ

 鉢から芽を出している植物がある。ホウセンカらしい。

 今年はホウセンカは2度種まきをしたが駄目だった。

 土の上で苗を作るもんだから、ナメクジにやられるのと、発芽の適期を逃したせいだろう。

 それもこれも、中庭に置くからそうなるのだ。中庭は、下靴に履き替えなくては、水やりも観察も出来ない。教室で発芽させるとそんな心配はないのだがなぁ…。

 植物の生育と、学習環境として最適な場所を見つけるってのが大事なことなんだねぇ。


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

今年は実が出来たようで

ゴーヤ

 写真は我が家のゴーヤ。いざとなったときに雄花・雌花の試料として必要に応じてレスキューするためにも作っているもの。1本しか植えていないが、庭中の肥料を吸い取って毎日のように実がなる。要するに蔓ものは地力、いかに土に栄養があるかなのだ。

 

 学校の学習園は、夏休み前にも肥料を撒いておいたせいで、数年ぶりにヘチマが8本ほどなっている。

 肥料は鶏糞がコスパが最も良い。最安値は100円。これなら出来心で買って施肥しても、1本収穫すると元が取れる。何本かは南の方の出身の先生が食材として収穫したらしい。若い実はナーベラーって呼び、冬瓜に近い食べ方をする食材なのだ。んなわけで、今年はヘチマたわしが作れそう。

 

 “たわしの作り方は?”って聞くと“放置!”って返ってきた。放置すると、ヘチマの繊維の部分まで腐って汚くなってしまう。かといって田舎のように水に漬けて腐敗させると臭くてたまらん。昔、プールの洗体層にブルーシートを敷いて水に漬けたが、すごい臭いが漂ってしまった。それをたわしにするのも臭かったこと。

 良いのは、切って、煮て、冷めてから柔らかくなった果肉を洗い流すこと。これの安全への配慮は、煮てから十分に冷ますことだ。揉んだとたんに熱い汁が出てきたんじゃ火傷は必至だから。朝から煮ておいて、午後にタライを出して、皮を剥きながら果肉を流させるのが良い。タライでやると皮のゴミの始末もやりやすい。

 

 
 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

ヘチマの雄花と雌花 <花から実へ>

ヘチマの花ヘチマの花

 ヘチマの花が咲き始めました。さて、どっちが雄花で、どっちが雌花だ?

 

 横から見せてくれると分かるんだがなぁ、ではダメ。

 花粉を出しそうなのが雄花で、花粉を吸い付けそうなのが雌花なんだから。

 わかんなかったら、実物を観察して勉強しな。

 

 カボチャの雄花と雌花

 ゴーヤの雄花と雌花


 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

1学期中に観察しておきたいもんですが <花から実へ>

雌花のつぼみ

 今年はちょっとはマシにヘチマが育っている。学年が植え付けた後に、鶏糞を1俵振りまいておいたからなんだけど。

 例年、1m程度で成長が終わっちゃうんだが、ぼちぼち2mに達しようとしている。それに雌花のつぼみがつきだした。

 

 5年生は、4年生の植え残しのヒョウタンとヘチマ、そしてゴーヤを植え付けた。今から遅掛けに多肥栽培すると2学期までは持つだろうとアドバイスした。

 担任は気が早いもんで、いつ頃観察できますかねぇ、って。そうは言ってもなぁ、大体、蔓物は孫枝に実がつくのが多い。主枝が伸びて、子枝が出て、それに枝が出てから雌花がつくと思うと、さて、今学期中に間に合うかどうかだ。それでも、7月の最終授業で雄花・雌花の観察をして保険を掛けておいた方が良い。

 幸い、今年は株数が多い。4年生のヘチマも雌花をいただくことにしたら、雌花が班の数ほど咲きそうな日は来ることだろう。そんな日に、算数や国語をヤメにして急遽雄花・雌花の観察をすりゃぁいいのだ。

 

 ほんで、夏休み中に、たっぷりと鶏糞を追肥して、じゃぶじゃぶと水やりをしたら、2学期まで成長するだろう。無事収穫出来たら、ヘチマ・ヒョウタンは4年生に差し上げて、ゴーヤは家庭の食材にすると良い。

 

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

二度目の種まき <たねをまこう>

 今度は中鉢に班ごとに種まきをしている。それが2度目の種まき。

ナメクジにやられる

 こちらが一度目の種まきの跡。

 これでは発芽しても育つわけはないわな。すぐ横で、校務員さんが種を蒔いて秋口の草花の苗を作っているが、それに学ぼうともしない。校務員さんは、古い給食台やら廃棄した会議机などの上に苗床を置いている。地面からはるか70cm上だ。

 

 近くのコンクリートは、太陽が当たるとテラテラと光る。ナメクジの移動した跡だ。そんなにナメクジの多い土の上に、播種したポットを置いたらどうなるか? “どうぞ召し上がれ。発芽直後は柔らかくておいしいですよ”ってなもんだ。

 自然の摂理を考えない、人がやっていてもそれに学ぼうとしない、それでいて、種を蒔いた後は観察も水やりもしてないんだから。これなら土の上ではなくて教室に置いている方が発芽したんとちゃうか?

 せっかく発芽した芽の先だけ食べられて、棒状になっていたら考えるだろうに。ダメだったからツギ!では困るなぁ。

 

 種まきは学期初めの教材。今から盛夏を迎えようとするときに八十八夜の種まきをしますかぁ? 発芽適温を超えていて芽が出にくいハズ。命のあるものを扱わせたら危ない先生って、困ったもんだ。植物とはいえ時期を外したら育ちにくいものなんだ。

 

 私はこれから、辛いトウガラシの種まき。シシトウの常識的な蒔き時ではなく、真夏日にならないと発芽率が悪い。八十八夜ではマルチで温めてやってもまだ早すぎるのだ。南国のトウガラシは、ホンマ難しいもんなんや。

 

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

デンプンの消化を個人実験で <ヒトや動物の体>

デンプンの消化

 “デンプンが唾液で消化される実験をします”と言うと大体が不評なのだ。“他人の唾液でなんてののはイヤやから、自分のでやってもらいます。”で落ち着くのだ。

 朝から大変。片栗粉で薄い葛湯を作って試験管に分注。一人1本に班に1本だから、都合50本だ。

 

 細いストローを配っておいたが、ドバーッと入れてって指示。それなら、クチュクチュうがいの用意をした方がよかった。5mLほどの水でクチュクチュと唾液を水に溶かすのだ。他にスマートな方法として、綿棒にぶよぶよに染ませて使うって方法もある。

唾液とでんぷん

 混ぜたら、人肌のぬるま湯で温めながら攪拌する。そしてヨウ素液をたらす。試験管内に入れているストローは名札代わり、色が被らないように配布しておいたのだ。

 どうもナ、自分の試験管ばっかり世話して、班の試験管にヨウ素液を入れないもんだから、どういう結果なのかわかりにくい。酵素が反応するとヨウ素でんぷん反応が出ないからだ。

 

 実験後は、久々に試験管の再洗浄。次は、酸・アルカリの実験の準備として、班に6本配布の準備をしておく。

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

先にヨウ素液を垂らしてみました <ヒトや動物の体>

アミラーゼでんぷん反応

 でんぷんと唾液の反応による消化の実験。

 いままでは、唾液とでんぷんを混ぜてからヨウ素反応を見てたけど、先にヨウ素でんぷん反応をさせてから、唾液を入れてみた。

 人肌で温めること数分、ヨウ素の色が薄くなって、透明になっちゃいました。“茶色のまま”って反応じゃないんだけど、でんぷんじゃなくなったって呈色だよな。

 

 唾液の注入は細めのストロー。昨今の流れから行くと、プラのストローじゃぁないもんを考えんといかんなぁ。


 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

ツユクサを植えておくのに良い場所は 

水の多い所って

 用済みになって理科室からツユクサを持って降りてきた。さて、どこに植えたもんだろうかと考えた。

 写真でも、草だらけの学校だが、散水栓が隣り合って二つもある。一つは改装前のものを撤去せぬまま、もう一つは新規に設置したもの。

 新しい散水栓のために水道管を埋めた後が見える。その部分に水が溜まっている。ここら辺が植えるのに最適って考えた。

 何しろ昭和の終わりに海を埋め立てて造った新しい土地なので、天然の水の流れなんてもんはない。水道に頼るのがよさそう。

 山の方なら、水が湧きそうな溝を探すところだが…。

水辺のツユクサ

 近くの池で見つけたツユクサ。ホント、水辺が好きなんだねェ。
 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

更新情報

累計記事数: 1683
最終更新日: 2020/04/07

最新記事 5件

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科
 5年生 理科
 4年生 理科
 3年生 理科
 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング

特集記事

カテゴリー別記事一覧

Today and Now

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

最新のコメント

  • 沸騰を観察する <水のすがた>
    BUN3
  • 3年生がマッチをする
    BUN3
  • 3年生がマッチをする
    tamakichi
  • 沸騰を観察する <水のすがた>
    たまきち
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    まると
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    BUN3
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    BUN3
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    まると
  • Excelでプログラミング <発電と電気の利用>
    BUN3
  • Excelでプログラミング <発電と電気の利用>
    宮崎

過去の記事

mobile

qrcode

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村