掲示物で、理科室らしく

掲示物

 白い壁面がたっぷりとあるので、掲示物をはりつけるのを合間をみてやっている。

 実験器具の扱い方、てんびんの扱い方、顕微鏡の扱い方など、汎用的なものにしようと思っている。

 壁にこれだけの枚数を貼ろうと思うとけっこう配慮が要るんですよ。教室の後ろの掲示板だって、木綿糸を張っておいて水平だけは歪まぬようにしておくと便利です。子どもたちが貼ってくれる時は、“糸から指1本下に貼って”というだけでキレイに貼れます。

 これだけ広い壁は、一応、物差しで測って、鉛筆で見当を書いておく作業の方が時間がかかるんです。

 

 黒板に掲示するためにA4サイズでプリントしていたPowerPointのデータを拡大印刷してパウチしたもの。「その操作の仕方は反対だろ」ってことによく出っくわすから、上皿てんびんと、おもちゃにするな!って電子天秤。

 

 手前でじゃましている分度器は、2mのふりこをさげるための振り子台。

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 
コメント
コメントする



 ※コメントには表示しません

 ※コメントには表示しません


   

更新情報

累計記事数: 1902
最終更新日: 2020/10/27

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科
 5年生 理科
 4年生 理科
 3年生 理科
 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング

Microbitでプログラミング

カテゴリー別記事一覧

Special Articles Link

収納の工夫 掲示物 「リトマス紙の保存」 備忘録 「ハンダ付け」 「電熱器の修理」 Scratchプログラミング

特集記事

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

過去の記事

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村