器具の洗浄方法

1 鉄サビは、ハイドロハイターで

汚れた試験管汚れた試験管

 スチールウールを水溶液に漬けて溶けるかをみる実験がある。実験後放置するので、試験管に鉄サビがついて取りにくい。

 塩酸で少々は取れるが、還元作用のある「ハイドロハイター」で落とすと良い。粉末の漂白剤でサビ、土汚れを落とす専用の漂白剤だ。試験管ブラシにつけて磨いて落とす。さすがにコレ専用の漂白剤だ。

2 蒸発皿の塩化鉄の黄ばみは、塩酸で

塩化鉄を乾固する

 塩酸で溶けた鉄の水溶液を乾固する実験をする。実験後子どもたちが水洗いして返却するが、塩化鉄の黄ばみが残っている。

 理科室の洗浄は、塩酸と洗剤ってことが多い。蒸発皿に注いで、次々に移していくと黄ばみが消える。

3 アルコールランプ

アルコールランプの掃除

 ランプ本体の外側にロウなどが付いていたので清掃。何をしたのか知らんが、アルコールランプの内部にも汚れを発見。ブラシを曲げて内部をこすり洗い。その他のパーツ、特に芯は交換する方が良い。

4 燃焼さじの汚れ、コゲ

燃焼匙の後始末燃焼さじのメンテナンス燃焼匙の後始末

 使い終わった燃焼さじは、とけたロウが溜まっていたり、そこに芯が封入されていたりする。バーナーの炎を斜めに当てて、紙の上にロウを落として清掃。サジについたロウは気化させてしまう。

 バーナーで炙ると黒くなるが、廃塩酸に漬けておくと銅・黄銅の輝きが戻る。

燃焼さじ燃焼さじをまっすぐに燃焼さじをまっすぐに

 使用して曲がってしまったサジの柄は金床で叩いて伸ばす。左は、最初の状態。右が現在の収納状態。

5 集気びんのロウなどの汚れ

汚れた集気瓶集気瓶の洗浄

集気瓶の洗浄集気瓶のロウを落とす

 ひたすらこすって落としている。下左の木片で大きなロウのかたまりを剥がすように落とす。最後は、ドリルに大きめのブラシを取り付け、クレンザーで磨いた。集気びんにブラシを入れてから回し、停止させてからブラシを抜くのがコツ。

6 石灰水による白汚れ、くすみは塩酸で

石灰のついた集気瓶汚れた集気びん石灰水の試験管

 石灰水を使うと必ず塩酸での洗浄が必要になる。塩酸を加えるとガラスについた炭酸カルシウムは泡を出して消えていく。

 実験の残りの塩酸を適当に薄めて洗浄用としてストックしている。洗剤と一緒につかって漬けておくとくすみが消える。

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 
コメント
コメントする



 ※コメントには表示しません

 ※コメントには表示しません


   

更新情報

累計記事数: 1821
最終更新日: 2020/08/07

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科
 5年生 理科
 4年生 理科
 3年生 理科
 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング

Microbitでプログラミング

カテゴリー別記事一覧

Special Articles Link

収納の工夫 掲示物 「リトマス紙の保存」 備忘録 「ハンダ付け」 「電熱器の修理」 Scratchプログラミング

特集記事

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

過去の記事

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村