天体の学習はやりにくい? <月や星><月と太陽>

1 プラネタリウムはフリーソフトが多い

プラネタリウムソフトあります

 “プラネタリウム フリー”と検索してみると、10種ほどのソフトが出てくる。ウチでは、今のPCシステムになるときに、必要なフリーソフトを入れてもらった。その一つがプラネタリウムソフトの「Stella Theater Lite」。観測地を設定し、観測したい日付・時刻を入れるとその夜空を表示してくれる。

 パソコンは、本物のプラネタリウムのようにドーム天井でなく、2次元のディスプレイなので、リアルにはどう見えるかの読み替えが必要だが。

2 自分が観測できる、時刻と方角で表示する

夏の大三角

 実際の観測は、日が暮れて自宅でしてもらうことになる。学校で出来るのは、どのあたりに見たい星があるかを示すことぐらいしか出来ない。

 家庭によって、観測できる方角が限られている場合がある。観測できる方角をしぼって表示しておくと、観測がしやすい。

 また、家庭によって観測できる時刻が違う。何時頃に見る予定かを絞って表示しておくといい。

星座記録用紙

 その結果は、このような用紙に記録して持ち帰ると、その日の夜に観測するだろう。これで、夏の大三角、冬の大三角、みつけやすいオリオン座などを見ることになるだろう。

3 月と太陽の位置関係も

プラネタリウムソフトで

 月の満ち欠けと太陽、地球の位置関係は、「ドッチボールをライトで照らすしか無いですか」って思っちゃう、月の満ち欠けと太陽の位置は、プラネタリウムソフトが使える。

 月と太陽を主に見るので、見える星の数を減らしておいて、シミュレーションしてみるといい。太陽と月なら、昼間の位置関係も表示してくれる。

 

 また、日本独特だが月にはいろいろな別名をつけている。新月、三日月、上弦の月、十三夜、待宵月、満月、十六夜月、居待月、立待月、寝待月、更待月、下弦の月、有明月、晦日月などだ。月が出てくるのを心待ちにして名付けたことから、日の入りと、月の出の時刻の関係がわかりやすい。

4 プリントして持ち帰るソフトも

とんがり星とんがり星

 「とんがり星(ぼ〜し)」というフリーソフトがある。プリントアウトした星空を、菅笠というか低い円錐形に組み立てる星座早見盤だ。

 普通の早見盤のように、プリントしたもので時刻・日付を変えることはできないが、指定の日・時刻に観測する天空のひずみが少ない形で見ることができ、すべての方角の観測ができる。

 観測できる日付・時刻を絞り込んでプリントアウトして持ち帰って、組み立てると観測がしやすい。

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 
コメント
コメントする



 ※コメントには表示しません

 ※コメントには表示しません


   

更新情報

累計記事数: 1821
最終更新日: 2020/08/07

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科
 5年生 理科
 4年生 理科
 3年生 理科
 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング

Microbitでプログラミング

カテゴリー別記事一覧

Special Articles Link

収納の工夫 掲示物 「リトマス紙の保存」 備忘録 「ハンダ付け」 「電熱器の修理」 Scratchプログラミング

特集記事

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

過去の記事

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村