沸騰を観察する <水のすがた>

沸騰を観察する沸騰を観察する

 4年生が次の単元に入る。今日は沸騰まで水の温度を上げていって、その様子を観察する。考察は無くていいよ、感想は3行書いて、ってのがミッション。

 例によって、ガスバーナー2本、ビーカーとフラスコで温めてみる。

 記録が忙しいんだがなぁ。ぼ〜っとしていると温度が上がってしまう。「ほら、外側が曇ってるやんか」「泡が付き始めたな」なんて止まりそうな皿を机間巡視でドライブして回る。

 

 沸騰すると、「もう終わって良い?」って子がいるけど少々続ける。

 沸騰していても、温度計は98℃。測定誤差が2℃ほどあるのと、この棒状温度計は全体を浸して計ることになっているので、その程度の数値にしかならん。

 

 沸騰石はサンゴの粒。穴がたくさんある沈むものなら何でもいいのだ。例えば煉瓦のかけらでも良い。入れてないと突沸で吹き出すことがあるからその予防に使うのだ。普通の水道水なのでそんな心配はないが、味噌汁なんかが突沸で跳ねることはあるんだそう。

 

 沸騰でつぎつぎに出てくる泡の正体を探るのは次の実験。今日の所は“空気が出てきた”って記録していてもOK。

 


 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 
コメント
  • BUN3さん
  • 2020/02/07 9:00 AM
 棒状温度計は全体を浸さないと正確に測れないんですが、箱には書いてあってもほとんど知られていません。
 フラスコにゴム栓をして温度計を差したら上がるでしょうね。ゴム栓に温度計を差すのは、壊すもとになりそうでちょっと抵抗を感じます。
 ウチは、海抜5mの校舎の3階で実験してます。10mとちょっとぐらいですね。
 
フラスコだと圧力がかかるのか、沸点がきちんと上がりますが、ビーカーだと沸点が上がりませんね・・
自分の住む地域は標高があるので、ビーカーだと92度くらいで沸騰してしまいます。
コメントする



 ※コメントには表示しません

 ※コメントには表示しません


   

更新情報

累計記事数: 1795
最終更新日: 2020/07/10

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科
◆以上急ぐ単元
 5年生 理科
◆以上急ぐ単元
 4年生 理科
◆以上急ぐ単元
 3年生 理科
◆以上急ぐ単元
 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング

Microbitでプログラミング

カテゴリー別記事一覧

Special Articles Link

収納の工夫 掲示物 「リトマス紙の保存」 備忘録 「ハンダ付け」 「電熱器の修理」 Scratchプログラミング

特集記事

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

過去の記事

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村