沸騰している水から出る泡の正体は何だ? <水のすがた>

沸騰する泡の正体

 今日の実験は、沸騰している泡をあつめてその正体を調べる。「沸騰している水から出る泡の正体は何だ?」ってテーマだから、考察が書きやすいだろ、って。「泡の正体はコレだ。なぜなら…」って書きゃ良いんだから、と。論理的な作文を書くとっかかりを作っておいてやらなくちゃ。

 班でガスバーナー2本、ビーカーに漏斗と、フラスコの2種で実験をする。ちょこちょこっと説明しただけで、スタンドに三脚などなど、自分たちで用意して実験が始まる。相談して決めてるってわけでもないのに、さっさと準備が出来るってのはすごい。二人で1つの実験装置なので特に相談なんぞがいらないのかも。

沸騰する泡の正体沸騰する泡の正体

 垂れたら炎で溶けて穴があくから、ちょっと手で持っててな、と言ってあるので、フラスコの方は大きなポリ袋をつまんで持っている。「押さえたら透き通るなあ」「はじいたら垂れて来たぞ」「あ、何か溜まっている」など、声を掛けて回る

 大きく膨らんだら、火を止めて回って、ノート記録を始めさせる。ノートを取っている間に、熱いガラス器具を机に下して回る。次のクラスの実験準備をせにゃならんので。

 ノートを早くまとめた子は、片付けを始める。言われなくても始めるってのはエエなぁ。同じようなパターンで実験をして片づけているので、言われなくても始めるようだ。

 

 いまだにガスバーナーの扱いの間違いがある。「点かない」と言ってくるので触ってみるとガスリングが緩めてある。そのせいで、元栓のヒューズ機能が働いてガスが止められてしまっているのだ。つまりガスが出ている状態でマッチをすろうとしたってことだ。

 これから、マッチに火が点いたらマッチ箱を放り出して、ガスリングを緩めるってトコに力点を置いて説明しなくっちゃナ。

 

 

 

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 
コメント
コメントする



 ※コメントには表示しません

 ※コメントには表示しません


   

更新情報

累計記事数: 1681
最終更新日: 2020/04/05

最新記事 5件

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科
 5年生 理科
 4年生 理科
 3年生 理科
 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング

特集記事

カテゴリー別記事一覧

Today and Now

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

最新のコメント

  • 沸騰を観察する <水のすがた>
    BUN3
  • 3年生がマッチをする
    BUN3
  • 3年生がマッチをする
    tamakichi
  • 沸騰を観察する <水のすがた>
    たまきち
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    まると
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    BUN3
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    BUN3
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    まると
  • Excelでプログラミング <発電と電気の利用>
    BUN3
  • Excelでプログラミング <発電と電気の利用>
    宮崎

過去の記事

mobile

qrcode

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村