バナナプラグとミノムシクリップのコードの収納場所を

電源装置と電流計のコード

 我が家でコツコツ作ってたのはこの引き出し。学校へ運んできて、赤色を塗装して、解剖顕微鏡の箱から外したハンドルを取り付けてほぼ出来上がった状態。

 仰々しいほどデカイのは、コードを下げておくための木製フック。洋折れとか洋灯ではコードが急に曲がりすぎるので、木製で。

電源装置と電流計のコード電源装置と電流計のコード検流計置き場

 電源装置の模様替えをして、電流計と電源装置の間にこの引き出しを設置。黄色いゲタの電流計は、4年生用のセンターゼロの検流計。検流計には黄色のテープライターで表示をしておいた。これで5・6年生が持って行くのが減るだろう。

 その上は5・6年生用の電流計が青いゲタの上に収納してある。

電源装置と電流計のコード

 実際に実験をする時は、引き出しをこのように立てかけておくと、取りやすいし、返納しやすい、だろう。

電源装置と電流計のコード

 引き出しの下には、細い角材を打ち付けて摩擦軽減のレールにしたので、その隙間が活用できる。A3版の掲示物を収納しておくことにした。

 

 バナナプラグは、接続変えがしやすい。特に電流計では使い勝手が良い。電源装置なら、極性が逆だって時に差し替えるのが便利。ちょっと長めにしてあるのと、電源装置と電流計で使い回すので、収納場所がほしかったのだ。

 

 ちょいとメンテナンスをしてないと、くるくると小さく巻いたり、結んだりして収納されてしまう。つぎに実験をする時に取り回しが悪くなるのだ。経験上はどこかに吊り下げておくのがベスト。場所がないので、伸ばしたまま水平に収納することにした。


 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 
コメント
コメントする



 ※コメントには表示しません

 ※コメントには表示しません


   

更新情報

累計記事数: 1681
最終更新日: 2020/04/05

最新記事 5件

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科
 5年生 理科
 4年生 理科
 3年生 理科
 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング

特集記事

カテゴリー別記事一覧

Today and Now

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

最新のコメント

  • 沸騰を観察する <水のすがた>
    BUN3
  • 3年生がマッチをする
    BUN3
  • 3年生がマッチをする
    tamakichi
  • 沸騰を観察する <水のすがた>
    たまきち
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    まると
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    BUN3
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    BUN3
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    まると
  • Excelでプログラミング <発電と電気の利用>
    BUN3
  • Excelでプログラミング <発電と電気の利用>
    宮崎

過去の記事

mobile

qrcode

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村