水を冷やし続けるとどうなるのか <水のすがた>

水を冷やし続けると

 今日は氷を作る実験。

 45分で完結しようとすると、0℃で暫くとどまってから凍り始めるってプロセスを重視するか、凍ることを間違いなく見るかを選択することになる。凍らなかったら面白くないので、必ず凍るように仕掛けをしておく。

 氷には、飽和食塩水を入れて液体で試験管の水から熱を奪うことにする。

 

 実験装置で大切なのは、温度測定用の試験管の、温度計がよく見えるようにすること。水道水が15℃、冷えていって最も冷えた時の温度が−15℃位になるので、それが見えるように試験管をセットしなくちゃならない。

水を冷やし続けると水を冷やし続けると

 何で結果の記録が、マイナスの温度からになるんだろう?、って思ったら、放射温度計で氷の温度を計っておる。ちゃうやん、水の温度を調べるんやろ、って。そう言えば、今までは私が放射温度計を手に持って机間巡視しながら、氷の温度を知らせてたのだった。

 温度は低い方が楽しいから、そちらにつられたみたい。

 棒温度計で水温を計るが、それもちょっと怪しいのがある。−1℃なのにすぐそばの「0」につられて、0.1℃ってのがあった。0.1℃ってプラスやんか、0℃より下はマイナスって言う、って。

 

 すべての班で氷にはなった。温度計のささった試験管は大人の手で回収してぬるま湯につけて取り外す。

 ビーカーは500mL、それに山盛りの氷、食塩は80g、食塩水は100mL。机間巡視しながら薬さじで氷をかき混ぜると、マイナス15℃まで下がった。

 

 食塩はよくこぼれること。4年生は、こぼれた食塩を口にはこんでおる。やっぱり。

 

 

 

 

 


 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 
コメント
コメントする



 ※コメントには表示しません

 ※コメントには表示しません


   

更新情報

累計記事数: 1679
最終更新日: 2020/04/03

最新記事 5件

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科
 5年生 理科
 4年生 理科
 3年生 理科
 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング

特集記事

カテゴリー別記事一覧

Today and Now

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

最新のコメント

  • 沸騰を観察する <水のすがた>
    BUN3
  • 3年生がマッチをする
    BUN3
  • 3年生がマッチをする
    tamakichi
  • 沸騰を観察する <水のすがた>
    たまきち
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    まると
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    BUN3
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    BUN3
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    まると
  • Excelでプログラミング <発電と電気の利用>
    BUN3
  • Excelでプログラミング <発電と電気の利用>
    宮崎

過去の記事

mobile

qrcode

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村