サーモシートを作ってみることにする

サーモインクでサーモシート作り

 今年度用に、サーモインクを購入した。薄めて実験用に使ったのは回収して、ペットボトルに詰めて保存している。ま、塗料のようなもんで、変質する心配は無さそう。ただ、紫外線により劣化するらしいので、冷暗所として冷蔵庫に入れている。

 残っているサーモインクの原液を使って、サーモシートは作れないだろうかと、やってみることにした。

 ガラス板にキッチンペーパーを乗せて、そこへサーモインクを塗る。上からフィルムで押さえて均質化してから放置して乾燥させる。「サーモシート」って言えるものになるだろうか、って。

サーモインクでサーモシート作り

 刷毛を用意したが、刷毛でこすると紙の方が傷む。フィルムで押さえながら濃い所からまだ染まっていないところへ押して移動させるとうまくいった。

サーモインクでサーモシート作り

 しわが寄るので、ガラス板に乗せて、放置。

サーモシートを切るサーモシートを貼り付ける

 乾いたので2×3cmのタイル状にカット。余裕があるので2×4cmサイズも。

 両面テープを予定位置に貼り付ける。

サーモシートを実験器にサーモシートを実験器に

 対流実験器の背景に濃い青色の色画用紙を選んで、それに貼り付ける。そして、ラミネート。便利なことにほぼB5サイズ。写真はラミネート直後なのでピンクになっている。塗った紙は不織布のキッチンペーパー。厚みがあるので、ラミネートは縦も横もと2回ロールを通した。溶剤が少々ピンクで、それが乾いても部分的に出るのが気に入らん。やるんだったらサーモペーストの方が良いのかも知れん。

 

 予備実験をやってみる。

サーモシートを実験器にサーモシートを実験器に

 電熱で温め始めると、下段の1番が半分赤くなる。続いて、上段の1番。

サーモシートを実験器にサーモシートを実験器に

 上段の2番が赤くなり、中段の1番も赤くなる。そして、上段の3番、4番と広がっていく。

 空気の温まり方は、ぐるぐると回るのではなく、温まった軽い空気が上部に滞留するのが、この装置で見て取れる。ぐるぐる回るのであればサーキュレーターなんてものの必要はない。ウチの家は天井にプロペラ(シーリングファン)がついていて、下向きの風を送っている。天井付近の温まった空気をおろすことで部屋全体をより温かくしているのだ。

 

 液晶テープよりも広くなったし、本数も増えたので見やすそう。これで、8台実験器を作っておくことにしよう。

 


 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 
コメント
コメントする



 ※コメントには表示しません

 ※コメントには表示しません


   

更新情報

累計記事数: 1681
最終更新日: 2020/04/05

最新記事 5件

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科
 5年生 理科
 4年生 理科
 3年生 理科
 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング

特集記事

カテゴリー別記事一覧

Today and Now

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

最新のコメント

  • 沸騰を観察する <水のすがた>
    BUN3
  • 3年生がマッチをする
    BUN3
  • 3年生がマッチをする
    tamakichi
  • 沸騰を観察する <水のすがた>
    たまきち
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    まると
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    BUN3
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    BUN3
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    まると
  • Excelでプログラミング <発電と電気の利用>
    BUN3
  • Excelでプログラミング <発電と電気の利用>
    宮崎

過去の記事

mobile

qrcode

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村