アンプラグドプログラミングで

私のスタジオ

 私のスタジオに置いている作品たちです。なぜ、私がこんなに作っているのか?。プログラミングなんて経験のある先生の方が少ない。そんな実態で子どもが使用に耐えるようなものを作れ、ったってどだい無理ってもの。

 第一、プログラミングのコーディングを教えろってことにはなっていない。授業でやるのは、プログラミング的思考だ。これなら、コンピュータに向かわなくても、プログラミング的な考え方を身に着けることが出来る。

 最新の「あんしょうばんごう」だって、「あ、そうか。暗証番号ってコンピュータに登録されてるものなんだ」って先生が言うんだから。

 「マイ楽器」だって、テレビのリモコンと一緒。キーを押したら何かプログラムされた仕事をする。鍵盤に音を割り当てておくってプログラムを書きゃいいんだ、って説明がいるぐらい。

 

 卒業前の6年生がアンプラグドのプログラムを書いている。「おそうじロボットにならへんか?」って始めたらしい。

 教室掃除の“机運び係”は、

1、掃き掃除がすすんできたら、1列目の机といすを印のある所まで運んで、椅子を中に入れる。

2、2列目、3列目と、1列目と同じ作業を最後の列まで繰り返す。

なんて書いている。ちゃんと繰り返し構文も使っているではないか。“掃き掃除がすすんできたら”の条件分岐をもうちょっと丁寧に書けたら、立派にプログラミングって言えるではないか。

 

 “拭き掃除”は

1、雑巾を水でぬらして絞る

と書いている。ちょっと待てよ、1年生は絞るってのを泥団子作りみたいな手で押して絞ったりしないか。「絞る」というサブルーチンが要るんではないか。

 

 このように、まだちょっと荒いな、ここがわからんから、1年生なんかがいい加減になりそう、ってプログラムのバグを探せば良いのだ。

 気が付いたのは、「ほうきを掃除用具入れに片づける」だ。ほうきはヒモでぶら下げるのか、先が傷まぬように逆さに立てかけるのが良いのか、それをプログラム上で決めておくサブルーチンが要るんじゃねぇ。

 

 低学年では、まず、これをして、つぎに、これをして…と直線状のプログラムで良い。だんだんと条件分岐や、繰り返し構文やら、サブルーチンの必要性に気づくと良い。

 

 教室の掃除ならともかく、コンピュータ室などの特別教室の掃除って、まず、条件分岐から始まるんではないかな。

 私は思うに、「無責任一代男」のような掃除をしている子を見かけることがある。とりあえず、ほうきを手に持つと “何とか恰好がつくもんさ、ちょっくらちょっとパーにはなりゃしねぇ” って歌を思い浮かべる。

 理科室の掃除って、「とりあえずほうき」ではあかんのだ。今日は授業で水を使ったな、と気づくと、拭き掃除を重点にしようって判断が要る。コンピュータ室では、最近机を拭いていないから、机の上を拭こう。PCを持ち上げる役、拭いて床に落ちた消しゴムの滓をはいて集める役、などに分担を分けよう、なんて高度な判断から始まらなくてはならない。

 これが抜けるから、「とりあえずほうき」、だから持ったほうきは一向に動かない、って掃除の時間になるのだ。

 

 お掃除ロボットになってみよう、ってのはだれでも考えられるし、奥が深いし、面白いプログラミングではないですか?

 あとは、いきなり文字で書くのではなく、メモ書きをフローチャートのように並べて、図示で流れを表すように持って行けると立派にプログラミング的思考になるだろう。

 

 こんなプログラミング的思考がベースにあってこそ、Scratchでスタックを重ねてプログラミングが出来るって思いますねぇ。それがなければ、スタックというブロック積みの遊び時間になってしまう。コンピュータって子どもたちにとって基本的には遊び道具なんだから、遊びの授業になってしまう。

 

 チマタでは、これがチャンスとばかりに学習塾やパソコンスクールが、ロボットのプログラミングを売りにして、Python、Processingなんて言語まで扱っているみたい。

 プログラミング的思考をめざす、学校はそこまでしなくても良い。そんな素養を付け焼刃に先生が身につけるより、指導技術をさらに磨く方が良いんではないかい?普通の小学校の先生が、パソコンスクールや学習塾と競ってお株を奪おうったって勝負にはならない。

 ロボットやゲームのプログラミングをやるなら、クラブ活動でやりましょう。そこでスキルを身に着けた子が学級の核になってくれることでしょう。

 

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 
コメント
コメントする



 ※コメントには表示しません

 ※コメントには表示しません


   

更新情報

累計記事数: 1681
最終更新日: 2020/04/05

最新記事 5件

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科
 5年生 理科
 4年生 理科
 3年生 理科
 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング

特集記事

カテゴリー別記事一覧

Today and Now

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

最新のコメント

  • 沸騰を観察する <水のすがた>
    BUN3
  • 3年生がマッチをする
    BUN3
  • 3年生がマッチをする
    tamakichi
  • 沸騰を観察する <水のすがた>
    たまきち
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    まると
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    BUN3
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    BUN3
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    まると
  • Excelでプログラミング <発電と電気の利用>
    BUN3
  • Excelでプログラミング <発電と電気の利用>
    宮崎

過去の記事

mobile

qrcode

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村