モグラはかせのドリルには、無限問題集ってのがありまして

無限問題集

 右メニューの下の方からダウンロードできる「モグラはかせのドリル」ですが、臨時休校中の問題作りに助かる機能がついているんです。

 マクロ(コンテンツ)を有効にして、「Ctrl+M」を押すと上のような画面になります。上の「問題変更」のボタンを押すと、いくらでも違う問題が出てきます。正確に言うと、シャッフルしているだけで、有限の問題数の中から並べ替えをしているだけです。これを「無限問題集」と名付けたので「M」キーを押すと出るのです。

 右上に「#」から始まる番号が振られます。この画像の場合は「09日の、17時ー34分、16秒」に表示した問題って番号です。次々と問題をプリントアウトしても、同じ番号が振られることがないという仕掛けです。

 印刷ボタンを押すと、解答ありと解答なしの2枚をプリントアウトします。

 

 この掛け算だと3年生の割り算に入る前のトレーニングにおすすめ。宿題をメチャたくさん作るってのが簡単にできます。オススメです。

 普段の宿題なら「学校へ来たら、正解を黒板に貼っておくから、自分で答え合わせをしておいて」ってことにすると、マル付けの手間も減ります。

 

 「モグラはかせのドリル」は、Excelのインストールされているパソコンなら使うことができます。マクロと呼んでいるVBAでプログラムを組んでいますから、読み込み時に有効にして下さい。

 学校のPCシステムに導入する場合は、インストールの許可をシステム管理をしているしかるべき所にとる必要はありません。単なるExcelのデータシートの1種だからです。子どもたちが読み込みやすい所に置いておくだけでOK。

 なお、問題の入っているフォルダに音のファイルを添えていますので、それと離れ離れにならないように注意してください。


 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 
コメント
コメントする



 ※コメントには表示しません

 ※コメントには表示しません


   

更新情報

累計記事数: 1821
最終更新日: 2020/08/07

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科
 5年生 理科
 4年生 理科
 3年生 理科
 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング

Microbitでプログラミング

カテゴリー別記事一覧

Special Articles Link

収納の工夫 掲示物 「リトマス紙の保存」 備忘録 「ハンダ付け」 「電熱器の修理」 Scratchプログラミング

特集記事

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

過去の記事

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村