プログラミングの授業をやってみて

正多角形を描く

 プログラミングの体験の授業で、正多角形を描かせてみたんです。でもね、つい教師根性がでてしまったんです。それは、つまづきそうな所を先回りして教えちゃったって事件です。

 正三角形をコーディングしてたんですが、”ココ、60度とちゃうで、コレや”って外角を示したんです。

 つまり、そう教えるための教材を作って提示してたのを反省して、Scratchの正多角形を作り直しました。

 

 スタートさせると、まず正方形を描く画面になります。お節介なことに、まず見本を描いてくれます。

 該当するスプライトを選んで、コーディングをします。正方形は、内角と外角がともに90度です。考えることも無く、向きを90度変えてコーディングをすることでしょう。

 続いて、正三角形を描かせます。すると、60度って思い込んでますから、閉じそうにない図形を描くことになるのです。

正多角形を描く

 こんな図形が描かれちゃってから「このバグは、何だ?」って考えさせようって流れをとることにしたのです。外角なんて言葉を教えることもなく、自力で解決させようってことです。“コーディングって、そうそう思ったようには動かないもんなんよ”って、先生は涼しい顔で言って、てな体験をさせたいんです。

 「曲げ方が足りないんだな、そうか!120度だ」って気づけば良いですが、そうでなければ試行錯誤しなさいって。“これぐらいかな”って入れてみて、うまくいけば後から考えりゃぁ良いんです。

 プログラミングをやっていると、しょっちゅうそんな壁にブチあたります。あとから、そうかそういう考え方なのか、って分かることが多いんです。

正多角形を描く

 正方形のコーディングの画面です。使いそうなスタックをあらかじめ並べてあります。角数によって書き始めの位置をちょこちょこ変えるように仕組んでおきました。あとは、はみ出しちゃったら辺の長さを試行錯誤で調整してちょうだい。“どや!これ位の長さがきれいやんか”って作りこみもプログラミングの楽しさですから。

 繰り返しのスタックも並べておきました。角数が多くなると必須のスタックです。

 やってみた授業ではキャラクタの後ろに描いた図形が隠れてしまったことがあったのです。ScratchCatにペンを背負わせているのをよく見ますが、描いた図形が見やすいように鉛筆のキャラクタにしておきました。

 

 他の角数を選べるように、画面の下辺に並べておきました。外角の大きさが割り切れない7角形や13角形もいれてあります。

 外角の大きさの計算式が浮かんでくるようになると、その計算式を入れりゃぁ良いんですよ、ってアドバイスをすれば、閉じた図形が描けます。

 

 どうもねぇ、プログラミングを教えようって姿勢が出ちゃったなぁ、って反省しての作品です。試行錯誤してうまく行った時が楽しいんですよね。私自身がその楽しさを忘れて、教えなくっちゃって教師根性を出しちまったことを反省。

 

 そもそも子どもたちがPCの前に座ると遊びなんです。“くそ〜ぉ、ステージクリアできねぇ”ってのが楽しいんですから。解決出来なけりゃ、隣の子がアドバイスをくれるもんです。こけないようにと、先生が先回りして教える必要ナシ。コーディングの勉強じゃぁないんだし。

 

 私のスタジオ「小学校の授業で」、「小学校の授業で、プログラミング」に置いてます。

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 
コメント
コメントする



 ※コメントには表示しません

 ※コメントには表示しません


   

更新情報

累計記事数: 1752
最終更新日: 2020/06/01

最新記事 5件

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科

 5年生 理科

 4年生 理科

 3年生 理科

 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング


特集記事

カテゴリー別記事一覧

Today and Now

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

最新のコメント

  • 今日は分散登校日
    BUN3
  • 今日は分散登校日
    toto
  • 自然教材は待ってくれない
    kk
  • 自然教材は待ってくれない
    BUN3
  • 自然教材は待ってくれない
    BUN3
  • 自然教材は待ってくれない
    kk
  • Scratch 窓口順番発券機のプログラムを考える
    toto
  • Scratch 窓口順番発券機のプログラムを考える
    BUN3
  • Scratch 窓口順番発券機のプログラムを考える
    toto
  • Scratch 窓口順番発券機のプログラムを考える
    BUN3

過去の記事

mobile

qrcode

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村