天気が良いので、みんなでメダカすくい <メダカのたんじょう>

 学校も出勤率を下げる工夫をしているらしい。出勤している先生の人数が少ない。

 で、濃密な教材研究が出来る。今日は6年生の「燃える」の予備実験。よく子どもたちが引っかかるのは、「酸素は燃える」「二酸化炭素は火を消す」という実験結果からの誤解。

 「酸素の中では激しく燃えた」って書きゃぁいいのに、省略して書くから「酸素は燃えた」になるんだ。

 二酸化炭素は、「瞬殺!」だって。それなら窒素だってそうだぞ。「消えた」ではなくて、「燃え続けられなかった」なのだが。そもそも、テーマの書き方が問題なのかも。「○○の中では燃え続けられるだろうか」ってテーマにするとちょいマシかも。

水素の燃焼の瞬間

 「燃える気体とはコレだ」、と、ブタンやら水素、そして酸素を燃やして見せる実験。そりゃぁ酸素は燃えないわな、って見せることになる。ほかにパソコンの埃を飛ばすエアダスターの成分のDME(ジメチルエーテル)も燃えるハズ(やったことがないが)。

 予備実験でコレに火を点けようとすると、みんな一歩下がる。石鹸水に閉じ込めて火を点ける方法だとそんなに怖くない。理科実験での事故の1番は水素だったのだが、この方法なら安全としてすすめている。

すくってきたメダカ 

 それが終わると、メダカの準備。5年生の学年メンバーですんのかと思ったら、おもしろそうってんで職員室から出てきたので、6人ほどで池からすくう。

 落ち葉が落ち、藻が腐って、ザリガニが居て、メダカがずいぶん減ってしまった池。数が少ないとすくいにくい。その点、何人もいると何かと心強い。半分以上はすくったんではないかな。

 コレを水槽に入れて、学校再開まで飼育しなくてはならん。

 

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 
コメント
コメントする



 ※コメントには表示しません

 ※コメントには表示しません


   

更新情報

累計記事数: 1752
最終更新日: 2020/06/01

最新記事 5件

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科

 5年生 理科

 4年生 理科

 3年生 理科

 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング


特集記事

カテゴリー別記事一覧

Today and Now

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

最新のコメント

  • 今日は分散登校日
    BUN3
  • 今日は分散登校日
    toto
  • 自然教材は待ってくれない
    kk
  • 自然教材は待ってくれない
    BUN3
  • 自然教材は待ってくれない
    BUN3
  • 自然教材は待ってくれない
    kk
  • Scratch 窓口順番発券機のプログラムを考える
    toto
  • Scratch 窓口順番発券機のプログラムを考える
    BUN3
  • Scratch 窓口順番発券機のプログラムを考える
    toto
  • Scratch 窓口順番発券機のプログラムを考える
    BUN3

過去の記事

mobile

qrcode

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村