Micro:Bit テスターを作る <電気で明かりをつけよう>

導通テスター導通テスター

 3年生のプログラミングデビューの課題です。

 電気を通すか、通さないかを調べるテスターを作ります。上のように通す、通さないを表示してくれると、もう立派な導通テスターって言えるんじゃぁないですか。

導通テスター

 コーディングはこんなの。

 端子「0」を入力にして、デジタルで、電圧がある「1」か、ない「0」かを調べてます。反対側のリードは「3V」端子から電圧を取り出す。

 あとは条件分岐で、LEDが違う表示をするようにしてるだけです。

 

 この表示はお絵かき感覚。文字でも、記号でも、絵でもどうぞって。工夫できる部分が無くてはおもしろくないし。

 こんなのだったら、3年生でも出来そう。ローマ字打ちが出来るようになっている頃だけど、それの必要もないし。

 導通テスター導通テスター

 実機で作ってみました。表示はイエスの「Y」と、ノーの「N」。

 MicroBitが20台ほどあれば、二人で1台、45分授業のなかで作らせて、調べさせることが出来そう。

テスターリード

 テスター用に、ミノムシとピンのコードを用意した。テスターリードのプラグの方で短いけど、良い感じ。

 このコード、電流計やら、電源装置のジョンソンターミナルの穴に差し込んで使えるので、使い回しすることにしよう。ミノムシミノムシと分けておかんとあかんけど。

 

 コーディングをしているところの画面を、動画でハードコピーして、字幕を付け加えて用意しておきました。校内LANでしか見られないけど。

 

 写真を撮ってみたが、Micro:bitのLEDは点滅をしているので、「N」の1列目が消えているタイミングだったみたい。

 


 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 
コメント
コメントする



 ※コメントには表示しません

 ※コメントには表示しません


   

更新情報

累計記事数: 1752
最終更新日: 2020/06/01

最新記事 5件

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科

 5年生 理科

 4年生 理科

 3年生 理科

 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング


特集記事

カテゴリー別記事一覧

Today and Now

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

最新のコメント

  • 今日は分散登校日
    BUN3
  • 今日は分散登校日
    toto
  • 自然教材は待ってくれない
    kk
  • 自然教材は待ってくれない
    BUN3
  • 自然教材は待ってくれない
    BUN3
  • 自然教材は待ってくれない
    kk
  • Scratch 窓口順番発券機のプログラムを考える
    toto
  • Scratch 窓口順番発券機のプログラムを考える
    BUN3
  • Scratch 窓口順番発券機のプログラムを考える
    toto
  • Scratch 窓口順番発券機のプログラムを考える
    BUN3

過去の記事

mobile

qrcode

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村