アブラナの花のつくりの観察を今年はパス!します <花から実へ>

菜の花畑

 3月半ばの菜の花畑。育ちが悪いが咲いていたのだ。しかし、臨時休校3か月の間に花の時期を過ぎてしまった。菜の花畑が黄色くない。

 ブロッコリーもキャベツも花が終わってしまった。切り戻して、新しい花を咲かせるようにしているが、もう花芽が残っていない。

 

 花芽は、冬の寒さにあたって準備したものなので、今から花芽をつけろったって無理な話。あとはプランター植えのムラサキハナナだが、種子ができ始めているのでこちらももう無理。

 春植えのキャベツは、冬を越して来年の春でないと菜の花を咲かせるはずもないし。

アブラナの花

 困るのは、この中学校の教科書。5年生でやったハズって書いてある。2年後に中学校の理科の先生が、出来なかったかもしれないと思うが…って想像をめぐらせろってのは無理。

 

 あとは、秋に寒咲きの菜の花の種子を蒔いて、3月教材としてやるしかないな。秋には、ひな祭りに咲く寒咲き花菜と、5月用のアブラナや、花用のキャベツを植えるとするか。つまり、この6月にはアブラナの観察はパス。

 

 そして、授業は教科書順にやったらアカン。

 5年生は、「発芽」と、「メダカ」と、「雄花・雌花」を3単元並行で進めなくては。

 6年生は、教科書順に「物が燃える」からやってたらアカン。天気が悪いと「人や動物のからだ」、天気が良いと「光合成・気孔」をやることにして、とりあえず2単元並行で。酸素・二酸化炭素は気候には関係がないんだから。

 4年生、3年生も含めて、急いで種まき。普通は八十八夜に種を蒔くのだが、およそ1ヶ月遅れになるのだから急がなくては。

 

 最悪、出来なくても、理科の教材ってスパイラルで、同じことを少しずつ高度化していってるから大丈夫だと思うけど。

 ウチでやっている観察は、中学校の花式図に似せた形でさせている。このように中学校の教科書で見ると、同じことをやってるのがよくある。ウチはウチで、中学校レベルの授業をやってるってアピールしてんだから。

 

 

 

 

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 
コメント
コメントする



 ※コメントには表示しません

 ※コメントには表示しません


   

更新情報

累計記事数: 1906
最終更新日: 2020/10/29

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科
 5年生 理科
 4年生 理科
 3年生 理科
 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング

Microbitでプログラミング

カテゴリー別記事一覧

Special Articles Link

収納の工夫 掲示物 「リトマス紙の保存」 備忘録 「ハンダ付け」 「電熱器の修理」 Scratchプログラミング

特集記事

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

過去の記事

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村