24mm試験管立てを量産

24mm試験管立て

 1台試作した太い試験管を立てるための試験管立て。奥の濃い色のがプロトタイプ。組み立ててから塗装したため、ステインのふき取りが出来ず、色が濃い上に、ムラになってしまった。

 量産型は、パーツの段階でステインを塗装してふき取り。乾いたらボンドをつけて組み立てて、輪ゴムで押さえてから、釘打ち。やっぱ、ふき取ると明るい色でキレイ。

 

 この太い試験管は、4年生の対流の実験用。示温インクを入れて下から温め、温まった液が上に上るのを観察するのに使う。

 それ以外は、実験クラブなんぞで、アイスキャンデーを作る時ぐらいが、この太い試験管の出番。アイスキャンデーなら凍ってしまえばこぼれないから試験管立ても要らんだろう。

 これで、このタイプが7台。たくさん立つのが1台あるから、8班までは対応できる。

 

 今年の理科室は、密になるのを防ぐので、2人で12班って感じの座席になりそう。それには足りないが、2本立つようにしているので、4人班で仲良く使ってくれたらいい。

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 
コメント
コメントする



 ※コメントには表示しません

 ※コメントには表示しません


   

更新情報

累計記事数: 1752
最終更新日: 2020/06/01

最新記事 5件

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科

 5年生 理科

 4年生 理科

 3年生 理科

 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング


特集記事

カテゴリー別記事一覧

Today and Now

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

最新のコメント

  • 今日は分散登校日
    BUN3
  • 今日は分散登校日
    toto
  • 自然教材は待ってくれない
    kk
  • 自然教材は待ってくれない
    BUN3
  • 自然教材は待ってくれない
    BUN3
  • 自然教材は待ってくれない
    kk
  • Scratch 窓口順番発券機のプログラムを考える
    toto
  • Scratch 窓口順番発券機のプログラムを考える
    BUN3
  • Scratch 窓口順番発券機のプログラムを考える
    toto
  • Scratch 窓口順番発券機のプログラムを考える
    BUN3

過去の記事

mobile

qrcode

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村