サナギたちの教室デビュー <チョウを育てよう>

サナギが教室へサナギが教室へ

 冷蔵庫に入れていたサナギたち。羽化台を教室に運んで、黒板横の掲示板に取り付け、それにサナギのついた割りばしを差した。紙の天井で蛹化した子はそのまんま押しピンで掲示板へ。さて、うまく羽化してくれるだろうか。ちょっと冬が長すぎたので心配。

チョウの掲示物マイキャベツモンシロチョウの幼虫

 3年生の廊下は写真の掲示物だらけ。3教室分の廊下にこのように写真が掲示してある。換気をする都合で、廊下のガラスには貼れず、手摺に貼ってある。使っている写真はこのブログの写真ばかり。Scratchにもまとめてある。

 そして、その下には「マイキャベツ」が。見ると、アオムシが育っている。

 

 卵で教室へ持って上がれば良いのだが、2齢ぐらいだとアオムシコマユバチが産卵しちゃうようで、ブチブチっと出てきたって。そりゃぁそうだ、アオムシコマユバチは体長3mm程度の蜂。小さなアリに羽が生えたようなもん。ちょっと大きくなったアオムシに産卵すると互いの蛹化のタイミングが合わないみたい。

 アオムシコマユバチは、アオムシが葉をかじった臭いで寄ってくるんだそう。だから初齢のあのちっちゃな幼虫だって危ないのだ。だから卵で持って上がるのが正解。

 

 卵がない子は…って。地植えのキャベツに産卵した卵を見つけて、それを1cm四方ぐらいに葉を切ってマイキャベツに載せたら良いと言っておいた。

 

 こんだけ環境を作ると、なぁんも教えることはない。興味をもって掲示物を見てるのか、自然に見てしまうのかわからんが、詳しい子が多いみたい。

ツマグロヒョウモンチョウ

 見つけたツマグロヒョウモンチョウも教室に置いた。

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 
コメント
コメントする



 ※コメントには表示しません

 ※コメントには表示しません


   

更新情報

累計記事数: 1796
最終更新日: 2020/07/11

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科
◆以上急ぐ単元
 5年生 理科
◆以上急ぐ単元
 4年生 理科
◆以上急ぐ単元
 3年生 理科
◆以上急ぐ単元
 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング

Microbitでプログラミング

カテゴリー別記事一覧

Special Articles Link

収納の工夫 掲示物 「リトマス紙の保存」 備忘録 「ハンダ付け」 「電熱器の修理」 Scratchプログラミング

特集記事

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

過去の記事

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村