ムラサキイモの色素を抽出 <水溶液の性質>

ムラサキイモ抽出液

 コロナウイルスのおかげで、エタノールが手に入った。教室の消毒用の資材だ。それをちょっと分けてもらって、ビールからワインあたりの度数に薄めて、乾燥ムラサキイモを入れておいた。使ったのは10枚ほど。2日経ったのがコレ。

 これなら、ムラサキイモパウダーを買って、水に溶いてって必要がない。そして、それよりも色が濃い。

ムラサキイモ抽出液

 試験管で作ったら、これっぽっちだ。単元が近づいたら必要量を作ってみることにしよう。

 いままでに芋を漬けたままのはあるけど、どうもデンプンが溶けだしてきているみたい。適当なところで芋を取り除く方が液がきれいなように思う。

 芋そのものを調べたい溶液に入れる、ってのでやってきたけど、紫のこの試薬を注いだら色が変わった!って方が良い、って言われたので、水溶液でやってみるつもり。

 

ムラサキイモ抽出

 抽出するのはエタノールでなくても、酢でも、他のアルコールでも出来そうだが、危険物のメタノールや、匂いのきついイソプロパノールよりも、ってメタノールを選んだ。上の写真は、孫の昔の自由研究。水と比べると、酢・ワイン・酒・みりんと、色濃く出ているのは、醸造系だ。

 「お酒みたい」って言われたから、ちょっとアルコールをとばしておいた方が良いかも。

 

 

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 
コメント
コメントする



 ※コメントには表示しません

 ※コメントには表示しません


   

更新情報

累計記事数: 1796
最終更新日: 2020/07/11

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科
◆以上急ぐ単元
 5年生 理科
◆以上急ぐ単元
 4年生 理科
◆以上急ぐ単元
 3年生 理科
◆以上急ぐ単元
 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング

Microbitでプログラミング

カテゴリー別記事一覧

Special Articles Link

収納の工夫 掲示物 「リトマス紙の保存」 備忘録 「ハンダ付け」 「電熱器の修理」 Scratchプログラミング

特集記事

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

過去の記事

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村