CO2センサー用の集気びんのフタの収納場所

集気びんのフタの収納

 CO2チェッカーってのがありまして、コレ、燃焼さじが挿せることと、チェッカのプローブを差し込む切り欠きがあるのが便利なトコ。使うにあたって黒いゴムの部分に燃焼さじをセットして配布した。

 今までは、チェッカーの箱に1枚ずつ入れていたが、取り出して燃焼さじをセットして配布した。チェッカーは箱から出して暖機運転しているので、箱を開けることがない。

 こんな便利な蓋があることに気が付かなかったらあかんので、この切り欠きのある大きな蓋ばかりをまとめて収納しなくちゃってことになった。

集気びんのフタの収納集気びんのフタの収納

 で、いつものように家で端材をきざむ。溝は3mm。15枚分の溝を、黒いゴム栓の高さを考えて掘る。作ってみて、ちょっと浅かったかも知れん。組み立てを慎重にしないとフタを収納すると外れる恐れがある。

集気びんのフタの収納集気びんのフタの収納

 溝の余裕は2mmにした。2mmってのは爪楊枝の直径。溝に爪楊枝を押し込んで、溝にフタをセットしてから組み立てる。あとで爪楊枝を取ると、溝には2mmの余裕ができるハズ。

 集気びんの棚にセットしてみた。横の赤い籠は丸いつまみ付きのアルミ蓋、丸いだけの蓋、ガラスの蓋の3種、投げ込みにしてる。

 デカいチェッカー専用の蓋が片付くと、集気びんの戸棚の整理がつきそう。


 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 
コメント
コメントする



 ※コメントには表示しません

 ※コメントには表示しません


   

更新情報

累計記事数: 1824
最終更新日: 2020/08/12

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科
 5年生 理科
 4年生 理科
 3年生 理科
 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング

Microbitでプログラミング

カテゴリー別記事一覧

Special Articles Link

収納の工夫 掲示物 「リトマス紙の保存」 備忘録 「ハンダ付け」 「電熱器の修理」 Scratchプログラミング

特集記事

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

過去の記事

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村