顕微鏡の使いかたに慣れる 

双眼実体顕微鏡

 今日は、双眼実体顕微鏡を出していろいろ見てみる。シャーレに入っているのは水草のマツモと、ヌマエビかな?仔メダカかな?

双眼実体顕微鏡双眼実体顕微鏡双眼実体顕微鏡

 たくさんあるけど、水槽には並んで試料を取りに来ている。

 生物顕微鏡は使えるようになったので、双眼実体顕微鏡と解剖顕微鏡を並行で使ってみる。

 5年生で顕微鏡が使えるようになってしまうと、6年生で楽なのだ。光源装置を出して、顕微鏡を取りに行って、プレパラートを作って、そして、片付けまで出来るようになると、さほど準備の必要がなくなる。学習の習慣づけってヤツですな。

 立体的に見えるやろ、って声を掛けておく。教室では、メダカの水槽の横に解剖顕微鏡を出しておいた。メダカの卵を休み時間に観察してくれると、特に授業をしなくても大丈夫だから。

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 
コメント
コメントする



 ※コメントには表示しません

 ※コメントには表示しません


   

更新情報

累計記事数: 1824
最終更新日: 2020/08/12

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科
 5年生 理科
 4年生 理科
 3年生 理科
 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング

Microbitでプログラミング

カテゴリー別記事一覧

Special Articles Link

収納の工夫 掲示物 「リトマス紙の保存」 備忘録 「ハンダ付け」 「電熱器の修理」 Scratchプログラミング

特集記事

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

過去の記事

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村