鍵が閉まりにくい 

鍵の修理・調整

 理科室入り口のカギが閉まりにくい。掃除当番の子らが苦労して閉めたって聞いた。なるほど、鍵で回すには重たすぎる。内側から閉めても途中でつかえて止まる。閉まってはいるんだが…。

 

 で、内側の戸についている鎌錠を取り外して見てみる。写真では写らないところに、表側の戸との磁石のようなものがついている。これのせいだと思った。そこで、鎌錠を3mmほど上に取り付けてみた。軽く締まるではないか。そういうことだったんだ。

 試しに、もうちょっと上に上げて取り付けてみた。やっぱり、アカン。元にもどして、修理・調整が完了したってことにした。

 

 昔は、奥の鎌錠にカギ穴があって単純な構造だったのだが、表のカギ穴がピンを突き出して鎌錠を操作するしくみになっている。位置が合っていないと、鎌錠の動作が悪くなるんだ、ってことなんだナ。


 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 
コメント
コメントする



 ※コメントには表示しません

 ※コメントには表示しません


   

更新情報

累計記事数: 1895
最終更新日: 2020/10/20

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科
 5年生 理科
 4年生 理科
 3年生 理科
 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング

Microbitでプログラミング

カテゴリー別記事一覧

Special Articles Link

収納の工夫 掲示物 「リトマス紙の保存」 備忘録 「ハンダ付け」 「電熱器の修理」 Scratchプログラミング

特集記事

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

過去の記事

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村