ゴミでも実験に使えるので便利

プリンカップ

 これはプリンカップ。90mL程度の大きさ。給食で市内の洋菓子屋さんとコラボってメニューが出たので、そのカップを4クラス分ほど集めてきて洗って使っている。給食室がわざわざ買った良いカップなので、1回で捨てたらもったいない。

 水溶液やら、プレパラート作りやらで少々水で洗いたいなんて時に、手元に汲んでおく水入れに良い大きさ。1人に一つ配るだけの数が揃っている。で、ガラス棒をチャバと洗って、ペーパータオルで拭くなんて使いかたをしている。

 戸棚で4個ずつ重ねているのは、4人班が基本なので、1班分ってつもり。12班編成になってもこの積み方が数えるのに便利。

プリンカップ

 同じくプリンカップだが、少々大きいので、班で廃液をまとめて持ってこい、なんて用途に使っている。そんな、廃液を集めるだけにガラスビーカーを使うことはないだろう。コレを集めて、まとめて廃液タンクに投入している。このプリンカップを、実験の途中で配ると、"コレにまとめるン?" って聞いてくれる。廃液回収専用にするのも手だな。

 我が家に届いた頂き物のプリンやら、おやつに食べたプリン容器。型が揃ってると使えるもんだ。

ヨーグルトカップ
これも、給食の容器を回収したもの。印刷してある文字がうるさいので、1回で使い捨ての用途用。使ったのは、発芽の実験。洗うことなく、ゴミ箱行きだったらしい。

燃えがら入れの製作

 黄色く色を塗った空き缶は、「猫缶」。近所の不燃ごみとして出されていたもの。同じ大きさのが十数個出ると役に立つものが作れる。黄色くペイントして、黄色のテープライターで表示を貼り付けた。猫の写真さえ消せれば良いのだ。

空き缶を準備しておく

 こちらは、「犬缶」と「トマト缶」。大型犬を買っておられる家から、不燃ごみとしてまとまって出される。そうなると、つい拾ってしまう。穴あきと、穴なしを作って、物が燃えるときの実験器具。たくさん集めたもんで、1人1実験出来るほどある。

 トマト缶は印刷されていないところがお気に入り。

リトマス台紙

 これはよく使っている、実験用ガスボンベの蓋。すぐに空っぽになるボンベだから、このキャップもたくさん出てくる。捨てずに置いておくと便利に使えている。

 水溶液をこれで配って、リトマス反応を見たり、結晶を析出させたり、なんて実験で、水溶液を配るのに便利に使っている。倒れにくい、割れない、なんてところが利点。

 赤色や青色のキャップがもう少し増えると、名称を書いたシールを貼る手間が省けるんだがなぁ。

 

固体や気体の水溶液

 使っている様子はこんな感じ。


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 
コメント
コメントする



 ※コメントには表示しません

 ※コメントには表示しません


   

更新情報

累計記事数: 1895
最終更新日: 2020/10/20

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科
 5年生 理科
 4年生 理科
 3年生 理科
 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング

Microbitでプログラミング

カテゴリー別記事一覧

Special Articles Link

収納の工夫 掲示物 「リトマス紙の保存」 備忘録 「ハンダ付け」 「電熱器の修理」 Scratchプログラミング

特集記事

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

過去の記事

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村