小さな段ボールが手に入ったので

90mmレンズ

 電流計を買ったので、それが入っていた小さな段ボールが手に入った。

 で、90mmの凸レンズを裸のままで引き出しに入れていたのを収めてみる気になった。

 発泡スチロールに溝を入れてそこへ押し込む。大きな凸レンズはちと重さがあるので、箱の中でガチャガチャとぶつかり合うのは気分がよくない。ちょっと固定して並べると何だか気持ち良い。

 

 このレンズは、光学実験台のパーツだったもの。プラの枠が破損しているのが多くて、裸の状態になってしまった。でもな、光を集めて黒い紙を燃やそうってな3年生の実験では大きい方が面白いに決まっている。

90mmレンズ

 まだ壊れずに光学台に立てる柄のついたのもあるので、それも同じ段ボール箱を細工して収めた。

 

 バラでまとめてある小さな凸レンズは、スリット付きの光源のコンデンサーレンズ、とレンズやプリズムのセットに入っていたもの。こんだけあるといろいろ遊べそう。


 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 
コメント
コメントする



 ※コメントには表示しません

 ※コメントには表示しません


   

更新情報

累計記事数: 1936
最終更新日: 2020/11/24

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科
 5年生 理科
 4年生 理科
 3年生 理科
 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング

Microbitでプログラミング

カテゴリー別記事一覧

Special Articles Link

収納の実際 収納の工夫 掲示物 「リトマス紙の保存」 備忘録 「ハンダ付け」 「電熱器の修理」 Scratchプログラミング

特集記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

過去の記事

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村