ドングリに穴をあける道具 <1年生>

 どうもこのシーズンは、どんぐりゴマを作るための穴あけ器を探す方が多いようです。

どんぐり穴あけ器

 どんぐりでコマなどを作るための、廃材で作った穴あけ器です。

どんぐり穴あけ器どんぐり穴あけ器どんぐり穴あけ器

 穴あけ器として教材やさんから出ているのは、針を突き刺すタイプのものがほとんどです。針が危なくないようにといろいろ工夫をしているのですが、下手をするとドングリの方が割れてしまいます。

 

 これは我が家で1年生の孫が使ってテスト済みのもの。

 フラスコ用の不要になったゴム栓を横にスライスして貼り付けています。ガラス管の時よりもドングリに合わせて穴は大きめに開けなおしました。穴のあるゴムは滑らなくて都合がいいです。

 スライスした下側は、切断面がきたないままですが、彫刻刀で楕円に掘ってあります。こちらは横から穴をあける場合に使います。

 穴をあける道具は、六角軸のドリル錐。サイズは2mm。このサイズは、爪楊枝や竹串がすんなりと差せます。2mm程度の刃なら六角軸を指で回すことが出来ます。いくつか作ってみるとよく回るコマが作れるようになります。

 

 穴をあける前に、コンクリートの上で、どんぐりのおしりのまぁるいところをこすって、平らにしておくと、ドリル錐があまりブレずに穴を掘ることができます。ドリル刃で指をつきささないための安全策です。

 ドリルの刃を回すことで、突き刺すことに力をあまり入れないので、変に力を入れていない限り手指を傷つけるほどの刃先ではないので安全です。また、ドリルの刃は、ドングリの実部分を掘って外へ出すので、爪楊枝が差しやすい穴をあけることが出来ます。

 穴さえあけたら、道具のドリル刃は放りっぱなしになるので、置き場所をきちんと作っておきました。使用後は、刃の溝からちょっと湿っている実を取っておくと錆びることが少ないです。

 

 難点は、ドリルの刃が少々値が張ることです。インパクトドライバにつけるような金工用は特に高いです。やわらかい実に穴をあけるのですから、切れの悪い100均の工具で十分です。指で回すドリル柄は「ピンバイス」と呼びますが、100均「D」では「精密ハンドドリル」なんて名前です。

<特集><2年生>


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 
コメント
コメントする



 ※コメントには表示しません

 ※コメントには表示しません


   

更新情報

累計記事数: 1678
最終更新日: 2020/04/02

最新記事 5件

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科
 5年生 理科
 4年生 理科
 3年生 理科
 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング

特集記事

カテゴリー別記事一覧

Today and Now

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

最新のコメント

  • 沸騰を観察する <水のすがた>
    BUN3
  • 3年生がマッチをする
    BUN3
  • 3年生がマッチをする
    tamakichi
  • 沸騰を観察する <水のすがた>
    たまきち
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    まると
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    BUN3
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    BUN3
  • 液晶インキ、サーモテープで調べてみる <もののあたたまり方>
    まると
  • Excelでプログラミング <発電と電気の利用>
    BUN3
  • Excelでプログラミング <発電と電気の利用>
    宮崎

過去の記事

mobile

qrcode

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村