器具収納マップを改訂しなくちゃ

器具配置図

 ぼちぼち各種器具類の配置が落ち着いてきたので、アレを作り直さなくては。

 この器具収納マップは、何がどこにあるかってのを教材研究ついでに見ておいてほしいのだが。

 

 棒状温度計を移動箱ごと教室へ運んだ先生が、「地温を計るのに、牛乳パックで日よけを作って…ですよね」なんて言ってるので、"地温を棒状温度計で計るのはヤメといて。何本か液ダメを割ってしまうから"と、赤外線温度計を人数分出した。

非接触型赤外線温度計

 コレは赤外線の量で温度を計るのだから、直射日光の反射光を計ったらアカンのや。人の影にするなりノートで日陰にするなどで計ると良い。赤外線温度計で計れないのは気温。

 棒状温度計は、温度計全体を計りたい液に浸すように、と注意書きがある。先の温度を計ってくれていると思い込んでいる人が多いみたいだ。だから気温を計るにはぴったりなのだ。

 逆に赤外線温度計で空気や水を計ろうとすると、どこから飛んでくる赤外線を計っているのかが確かではない。地温のように、ココの温度を、って時に都合が良い。

棒温度計の断面

 で、破損した棒状温度計を10cm程度に切ったものを渡しておいた。棒の部分のガラスの厚みはほぼガラス棒というほど厚いのだ。じゃ、逆に薄くて壊れやすいところは?、って考えると取り扱い上の注意をすぐに思いつく。

 

 安物の赤外線温度計で、2%程度の誤差が出る。確かに、同じものを計っても表示が違う。高級品は給食室が使っている。納品された食肉の表面温度を、引き金を引いたとたんに表示されるって温度計だ。あれならもうちっとは誤差が少ないんだろう。

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 
コメント
コメントする



 ※コメントには表示しません

 ※コメントには表示しません


   

更新情報

累計記事数: 1938
最終更新日: 2020/11/25

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科
 5年生 理科
 4年生 理科
 3年生 理科
 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング

Microbitでプログラミング

カテゴリー別記事一覧

Special Articles Link

収納の実際 収納の工夫 掲示物 「リトマス紙の保存」 備忘録 「ハンダ付け」 「電熱器の修理」 Scratchプログラミング

特集記事

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

過去の記事

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村