箱を作ったついでに、端材を加工して

家庭科室の引き出し

 旧の理科戸棚の引き出しを分解して、側板を箱用に刻んだ残り。薄いベニヤ板に取り付けて家庭科室へ運んだ。

家庭科室の引き出し

 家庭科室の引き出し。トレイに入れて引き出しに収めているんだが、引き出しを閉めるとその反動で奥の方へ移動してしまう。中でトレイが動くのだ。それを止めるための堰止めの板。

 取り付けてみたが、モノによって奥行きが違う。適当な長さのベニヤで作ったので、適当に長さを縮めて合わせる。お玉やターナーなど思ったより長くて、うんと小さなものをそれに合わせて作った。

 しかし150mmほども引き残りが出る引き出しってもったいないこと。もう50mm長いレールを使えなかったんだろうか。

 

 今なら理科室には端材がある。旧理科戸棚の引き出しの底板のリサイクルなのだ。今やっておけば、10年は残るはず。


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 
コメント
コメントする



 ※コメントには表示しません

 ※コメントには表示しません


   

更新情報

累計記事数: 1902
最終更新日: 2020/10/27

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科
 5年生 理科
 4年生 理科
 3年生 理科
 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング

Microbitでプログラミング

カテゴリー別記事一覧

Special Articles Link

収納の工夫 掲示物 「リトマス紙の保存」 備忘録 「ハンダ付け」 「電熱器の修理」 Scratchプログラミング

特集記事

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

過去の記事

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村