前から在庫の液晶インクを使ってみる <もののあたたまり方>

液晶インクで示温リボン

 10年ほど置きっぱなしの液晶インクがある。

 実は、理科の校内研修会があって、講師さんがこんなものを持ってきていたので、作ってみる気になった次第。ただねぇ、示温範囲が狭いんでどうしたもんかねぇって二の足を踏んでいた薬剤。

 

 黒の色画用紙に、黒ペイントを塗る。乾いてきたら液晶インクを塗って乾かす。

 乾いたら、裏に効能書きを貼って、1cm幅のテープにして、ラミネートして一応の完成。

液晶インクで示温リボン液晶インクで示温リボン

 試験管を湯せんで温めてみたところ、全面の色がかわってしまった。上の方だけ熱くなってほしかったのだが。

 この示温テープは30℃から色が変わり始め、45℃で呈色しなくなる。ピンポイントなんだワ。体温を測る道具みたいな範囲。

 試験管の上をあたためたり、下からあたためるという時には使えるかも知れん。

液晶インク 湯せん液晶インク 湯せん

 あらためて試験管の下5分の1ほどを湯せんにしてあたためてみた。下の方で呈色していて、上の方も色が変わり始めている。水溶液のように拡散するはずはないと放置しておく。あたためられた水は上に集中するので、上だけが色が変わっている。水面付近が35℃、1~2cmほど下が30℃位、他の部分は30℃以下または45℃以上ということになる。試験管の中ほどに向かってなだらかに色がかわっているので、その辺りは30℃以下と取る方が無理がない。

 しっかりと仮説を立てて、こうなるはず!って分かってから実験しないと、"何か色が変わったのでおもしろかった"って、意味のない実験になってしまいそう。

 

 

 

 

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 
コメント
コメントする



 ※コメントには表示しません

 ※コメントには表示しません


   

更新情報

累計記事数: 1866
最終更新日: 2020/09/21

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科
 5年生 理科
 4年生 理科
 3年生 理科
 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング

Microbitでプログラミング

カテゴリー別記事一覧

Special Articles Link

収納の工夫 掲示物 「リトマス紙の保存」 備忘録 「ハンダ付け」 「電熱器の修理」 Scratchプログラミング

特集記事

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

過去の記事

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村