<<back |<最初のページ  第 3 頁 / 全 5 頁中  最後のページ>| next>>

やっとガラス戸棚に表示をつける気になった

戸棚の表示

 昨年の大規模改装のあと、ガラス戸棚に器具類を収めていって、とりあえず表示していたのが、マスキングテープを手でちぎってマジックで字を書いた表示。それから1年も経過してしまっているではないか。

 ようやく、配置になじんできたのと、模様替えをする心配がなくなったので、本格表示をすることにした。

 

 ガラスビーカーはそれぞれ目盛りがついていて、容量がわかるが、プリンカップやらフィルムケースなどの代用品はどれほど入るのかがわからん。この際、その容量をついでに表示しておくことにした。

 

 大体、理科室でメスシリンダーで正確に量るなんて実験は少ない。ものの溶け方の単元ぐらいのもんだ。それに、扱いに慣れていないと破損してしまうし、数に限りがあるメスシリンダーよりも、「キャップ2杯」って指示の方が時短になるのだ。

 

 そうこうしている内に器具を取りに来た子たちがいた。コイン落としのゲームに使う的にビーカーを、って考えたらしい。そんなの、水に沈めたら見えなくなるビーカーよりも、家庭科室の湯飲みか、このプリンカップに小石を入れて沈めた方がええやん、って。代用品がけっこう役に立つのだ。

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

掲示物に使う写真のつもりで撮ったんだけど

雑巾の掛け方

 どうも雑巾を使った後は、水道の上にふんわりと置いたり、丸めたまま置いてあったりする。ずっと、長手方向に半分折りにしてかけなおしてきたんだが、掲示物にして貼っておいたらちょっとはきれいに掛けてくれるだろうか、と写真を撮ってみた。

 雑巾の掛け方、なんて指導は特にはしていない。机を拭くとか、授業後は椅子を上げろと同じで、安全な授業のための指示ではないからと、その都度、手をかけて掛けなおしてきたんだが、気が付く子は少ないみたい。掲示だけしておいたら改善されるだろうか。

 

 考えて行動する、って4泊5日の自然学校で指導しているから、6年生なんかはチャイム前に理科室に来て、授業が始まったらチャイムが鳴ることだってある。んじゃぁ、目にとまるところに貼って置いたら気が付いてくれると思うんだけどなぁ。「こうしろ!」ってアタマから指導を特にしなくちゃならない事柄ではないからなぁ。気づくまで待つって指導方法の実験をやってみよう。


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

ピペットが必要なので 

ピペットの修理

 ピペットの数が少々不足気味。準備室に取り込んでいる中から修理をして表へ出そうと思った。

ピペットの修理ピペットの修理

 サンドペーパーで割れている先をジョリジョリと削って火であぶる。先が欠けた時に縦にひびが入ったようだ。それで、広く強めに炙る。そうすると、穴が狭まってしまって、先が少々斜めに向いてしまう。

 ガラスとともにキリも炙りながら穴を広げ、少しはガラスの向きも修正する。

ピペットの修理

 ま、あんまりやるもんではないわナ。何度も修理をしたもんは、せっかく付いている目盛りが全く信用できないほど短くなってしまった。

 そろそろ買ってもらおうかのう。割れないポリピペットでも良いのだが、やっぱりガラスにしよう。実験している満足感が違うのと、修理が出来るから…。
 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

ニクロム線を巻くことにした

ニクロム線を巻く

 6年生は修学旅行から帰ってきたばかりだし、5年生は4泊5日の自然学校に出かけている。これがチャンスと呼んでおいた4年生はあさってにするって言うし、今日は誰も来ない。

 そんなわけで、熱板の錆び取りが済んでいる電熱器にニクロム線を取り付けることにした。

 

 コイルになっているニクロム線はあと1本しかない。新しくつけるには2本いる。

 糸巻に巻いてあるニクロム線をコイルにすることにした。ひと昔前の牛乳籠を収納用具にした時に、はずしておいたステンレスの仕切りの針金が手ごろな太さだった。

 それをおよそ出来上がりのサイズに切って、叩いてまっすぐにしてドリルに取り付けて回してみる。どうしても芯ぶれが出る。ちょこちょこ直しながらまっすぐにする。芯ぶれがあると回転させている内にこの針金が暴れるのだ。

 

 これに糸巻きから外しながら、コイル状に巻いていく。スイッチを押しては20回位ずつ巻いていく。ちょっと油断すると重なってしまったりして、歩留まりは半分ぐらいかナ。

ニクロム線を巻くニクロム線を巻く

 巻けたので、それに合わせる銅線を作る。LANケーブルの芯線の被覆を剥いで使う。ニクロム線よりちょっと細いが頃合いの太さだ。熱板裏から端子まで、ニクロム線と銅線をより合わせておく。

ニクロム線を巻く

 端子に付け、通電してみる。ちょっと外側が短かったみたいですぐに赤熱する。

 買ったコイルよりちょっと太いので熱量も大きそう。

 手間のかかる電熱器だわナ。

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

これなら、まあ、よかろうか

実験机の補修

 キズのついてしまった実験机。この程度まで直ればまぁええか。

 テコを使ってくぎ抜きの実験で、新しい釘を打ち込んでくれたもんだから、突き抜けて実験机に穴があいてしまったのがある。こんなバラシの仕事は、外のコンクリートの上ですべきなんだが、この冬は特に寒いもんなぁ。

実験机の補修実験机の補修実験机の補修

 ぽっちりとあいた釘の穴を見つけては壁補修用のパテを埋め込む。

 乾いてきたら、穴の部分をマジックインキで黒く染める。染料系だからそのうち褪せてくるかもしれんが…。

 耐水ペーパーで回りのパテを水研ぎして落とす。

 光り方が違うので、オイルを塗ってなじませる。

 

 いきあたりばったりで、適当な補修だが、穴があいたままだと大きくなっていくばかりだ。

 昔から教室の机は穴をほじくったのがよくある。下手な授業をしてるもんだからヒマで仕方がないので、コンパスの先などでほじくるのだ。まるで脱獄の映画のような作業をしてくれるんだわ。こんな穴は埋めておかなくては、広がるものなのだ。


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

年末なので、ぞうきんの洗濯

雑巾の洗濯

 年末には大掃除なんだが、夏の大規模改修で新しいままゆっくりと整備してきているので、すすはらいをするほどの掃除の必要はない。

 そこで、4か月使ったぞうきんをまとめて洗濯。洗剤と次亜塩素酸を入れて洗濯機を回す。4年生が新しいぞうきんを提供してくれたので、途中で1度は洗濯したのだがおよそ2か月でよく汚れること。ちゃばちゃばと手洗いではそんなもんか。

  床が木タイルからシートに変わったために、水がこぼれていると靴底で黒く汚れる。水拭きモップで拭く掃除が加わったので、床雑巾も混じっている。

雑巾の洗濯

 比較的白いのを各実験机の水道に備え付けて乾燥させる。残りをぞうきん干しに。色の悪いのは掃除道具入れに干した。

 

 卒業生からのぞうきんのプレゼントを期待して、あと3か月ぞうきんには頑張ってもらおう。

 


 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

鉄製スタンドの置き場に錆が出ているので

鉄製スタンド置き場の塗装

 鉄製スタンドが、水の膨張の実験装置を組むために出て行った。こんなチャンスは少ないので、残っているスタンドを移動させておいて、今や理科室カラーになった青色ペイントを塗る。面倒なことはせずに上面だけ。改装したばかりの壁面を汚さぬように、上面以外の部分に付かないように養生しておいた。

 さびを落としてから塗るのが本来だが、固まりそうなペイントなので構わず錆の上から厚塗り。やっぱり木材と違って乾燥するのは遅いので、鉄製スタンドよ!、しばらく戻ってくるな。

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

実験器具棚を壁に固定する

器具棚の固定

 ガラス棒、スポイト、薬さじなど小さな実験器具をいつでも取れるようにと設置している棚の位置が確定したので、転倒防止の工事をする。電灯のスイッチ、放送のボリューム、電話、反対側には換気扇のスイッチ、暗幕の引きひもがついている壁なのでミリ単位で位置が決まる場所なのだ。

 阪神大震災以後、学校の備品類はこのようにほとんど固定されている。大規模改装後、固定工事をパスされちゃったものがいくつかあるが、これもその一つ。

 鍵かけを取り付けようと振動ドリルを出したので、ついでにこの棚の壁に穴をあけ、プラグを打ち込んでネジで止める。1か所にねじ釘1本では不安だが、2か所止めたんだから良いことにしておこう。

 あとは、床の方も固定しなきゃいかんが、良い大きさの金具を探し、工具を取り換えてからだ。今日はここまで。今度はインパクトドライバと金工用の錐を持ってこなくては。


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

鍵かけが落っこちたので、ガチっと取り付ける

鍵かけ

 各教室の入ったところの壁にはこんなフックを取り付けてある。教室のカギをここにかける約束になっている。

 ところが、4mも上の天窓の引きひもを取り付ける工事の時に、器具棚を動かしてぶつけたようで、それが原因で外れたために裏面の接着剤が弱くなっている。今日は、鍵をぶら下げたとたんに落っこちてしまった。

 

 だいたい両面テープで貼り付けるって民生用の仕様が気に入らない。そこで、フックに穴をあけ、壁を振動ドリルでほじくって、プラグを入れてねじで取り付けることにした。洋灯釣りをねじ込むって手もあるんだが、各部屋共通仕様の方がよかろう。

 

 あとは、このフックの上方に「鍵かけ」って表示とともに、施錠前の点検項目を一覧にして貼り付けておかなくては。

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

子ども音楽会の日は理科室に来るはずがないので

理科戸棚の表示

 朝から今日は子ども音楽会。幼稚園、保育所、特別支援学校の子たちを鑑賞者に招いて、子どもたちが聞きあう音楽会。こんな日は理科室に来るはずがない。まとまった仕事をするチャンスなので、理科戸棚の表示をプリントアウトして、ラミネートして、ハサミで角丸に裁断する作業を職員室でやる。頼まれたわけじゃないけど、職員室の留守番役。

 音楽会がはけたところで、理科室に上がって、戸棚に貼り付ける。解剖顕微鏡の表示をした時と同じく、表示は写真付きでA5サイズとちょっと大きめ。作るついでに、隣の家庭科室の戸棚の表示も作っておいた。

理科戸棚の表示理科戸棚の表示

 引き出しの方は、戸棚の半分でA4から4枚取り。マスキングテープを剥がしながら、新しい表示を貼り付ける。引手の近くに貼り付けるってのを基本にした。何かバランスが悪いような気がするけど。

 戸棚の中は、見えないのを良いことに段ボール収納。高い戸棚からこまごまと一つずつ降ろさなくても、箱を1つ降ろせば良いって方が便利なんとちがう?今度の理科戸棚は、はしごが付属していないから、踏台昇降の回数が少ないのは助かる。

 

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

更新情報

累計記事数: 1760
最終更新日: 2020/06/07

最新記事 5件

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科

 5年生 理科

 4年生 理科

 3年生 理科

 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング


特集記事

カテゴリー別記事一覧

Today and Now

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

最新のコメント

  • 今日は分散登校日
    BUN3
  • 今日は分散登校日
    toto
  • 自然教材は待ってくれない
    kk
  • 自然教材は待ってくれない
    BUN3
  • 自然教材は待ってくれない
    BUN3
  • 自然教材は待ってくれない
    kk
  • Scratch 窓口順番発券機のプログラムを考える
    toto
  • Scratch 窓口順番発券機のプログラムを考える
    BUN3
  • Scratch 窓口順番発券機のプログラムを考える
    toto
  • Scratch 窓口順番発券機のプログラムを考える
    BUN3

過去の記事

mobile

qrcode

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村