<<back |<最初のページ  第 4 頁 / 全 180 頁中  最後のページ>| next>>

一気に自然教材が忙しくなってる

ゴーヤが咲いたモンシロチョウの産卵

 庭のゴーヤが花をつけた。そして、中庭の地植えのキャベツにはモンシロチョウが産卵に来ている。そう思ったら横にはもう2齢になった幼虫が居るではないか。

 近所で、目星をつけておいたアゲハの幼虫はいつの間にか姿を消した。アシナガバチが活動を始めているので、どうやら肉団子にされたみたい。

 

 自然教材が忙しくなっている。本ブログに検索で訪れる方で、振り子やらモノの燃え方を見に来ている人がいるけど、そんな単元をやっているヒマはないほど忙しいのが自然だ。

 

 


 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

自分の呼気の組成を調べる <ヒトや動物の体>

呼気の組成を調べる実験「ぼっち実験」

 今日も分散登校。学級の半数が登校している。机の上には、先週から暖機運転しておいたデジタルのCO2チェッカーと、ポリ袋。

 4人用の実験机に一人ずつ座って実験。

呼気の組成を調べる実験

 贅沢だねぇ、デジタルのン万円の測定機器が一人に1台。それで、自分が吐いた息を調べるなんて。コロナのおかげですよ。いつもなら、誰かが吐いた息で調べるか、せいぜい二人のどちらかがって実験にしか出来んところだ。分散登校は、三蜜を避けてゆったりと実験が出来るチャンスなんだから。学校長も「広がって実験」って学校ブログの写真を撮りに来た。

 

 ポリ袋をバサバサと振って空気を入れて、チェッカーの校正ボタンを押してポリ袋の中の空気の組成を調べてみる。

 その後、袋の空気をスーハースーハーして呼気に入れ替えて、同様に校正ボタンを押してから測定してみる。

 

 二酸化炭素が0.04%だったのが、呼気になると4%ほどになった。酸素は減っている。数値がそんなに伸びない子は、律義にマスクをしたまま実験をしたから、らしい。そこまで気を配れんかった。

 その後、石灰水を入れて袋を振ってみる。カルピスになった、って。個人実験って良いねぇ。

 

 あした実験をする、残り半分の登校予定の子たちの分のポリ袋を準備をしておく。

 デジタルのチェッカーは、センサー部分の寿命がすでに来ている。6台あれば間に合うか、と思って今年度のために4台だけセンサー部分を新調した。ところが、この臨時休校だ。

 そして、分散登校なので、12台も使うことになったではないか。5日間の暖機運転の結果、ちょっとフラフラしてあやしいセンサーもあるけど、まぁ何とか使えたみたい。

 

 この実験、教科書のように気体検知管を使うと、1本300円、500円の消耗品を一人に1本なんて配ることは出来ない。センサー自体が高価なものでもったいないと思っていたが、こんな時だからこそ、この測定器の利点が発揮されたなって感じた。

 1人が2回ずつ2種の気体の濃度を測定。検知管なら4本を使い捨てにしていたところだ。今日の授業2時間で、100本の検知管を使っちゃうなんて出来そうもない相談だ。それがチェッカーなら何も廃棄物が生じない。

 

 テスト対策を考えると気体検知管も使っておかなきゃいけない。湿り気を嫌うセンサーなので、植物の葉の呼吸を調べるのに使う予定。木の枝に取り付けたポリ袋を外さないまま検知管を差し込んで、現地で調べることが出来るから。

 

 


 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

産卵床には卵がいっぱい <メダカのたんじょう>

メダカの産卵床

 棕櫚縄で作った産卵床を引き上げてみた。このとおり卵がついている。

 イチゴパックに水道水を入れ、そこへ指で取った卵を入れる。メダカの卵は指でつまむのが一番。それぐらいでつぶれるモノではない。卵の間は、塩素のある水道水でも良いのだ。カビが生える心配が減るから。

 ウチに多くあるマツモは、葉の生えている節が、卵の感触に似ていてややこしい。この黒い産卵床なら見つけやすい。ホテイアオイの根とおんなじ。

メダカの卵の検鏡 → MP4(動くのが見えます)

 で、その卵を検鏡してみた。産みたてのもあれば、目が出来ていて、心臓が鼓動を打っているのも見える。

卵用スポイト

 学級へ持って行くには必要かなと思って、卵用のスポイトを作った。温めて太らせるのが面倒なので、マスキングテープを巻きつけて太くしただけ。本体は、実験用ガスボンベのパイプの再利用。メダカの卵には良い内径なんだ。

 ひょっとして、カビが生えた卵なんぞを取り除く時に、必要になるかも知れん。


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

廊下の掲示を増やしました 

理科室の掲示物

 水中の微生物だけだった廊下の掲示物を増やしました。

 プレパラートの作り方と気孔、花粉、再結晶などの検鏡写真。やっぱ、理科室ってぇと顕微鏡なんだな。 

 

 そして、続けたのが火器。ガスバーナーの使いかた。

 年に一度しか使わない実験器具ならともかく、これらはよく使うからねぇ。

 あとは、マッチのすりかたで、ようやく壁面が埋まりそう。

 少し開けている隙間には見出しを入れ込む予定。

 

 水色のテープはマスキングテープ。その上にラミネートした写真を貼ることにした。コンクリート壁なので、塗装がはがれるんだワ。9mm程度のベニヤ板を壁面に止めて掲示板にしておけばよかったんだが。

 改装前の家庭科室がそうなっていたんだけど、そのベニヤ板は戸棚のゲタに使い切ってしまったから。


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

アゲハが終齢になったので <チョウを育てよう>

アゲハ終齢

 近所のキンカンの木にいたアゲハの2齢幼虫。連れて帰って来て育てていたら終齢になった。それと4齢を二匹、3本のボトルに入れて学校へ運んだ。

アゲハのサナギたち

 担任の机の上の幼虫たちは、居なくなっている。サナギになったんだろうと、準備室の冷蔵庫を覗いてみた。まぁ、アゲハやらモンシロやらがかれこれ、10匹ほど飼育ケースに入っている。他にシャーレにモンシロが2匹。

 それ以外に、去年から冷蔵庫で越冬しているサナギが20匹ほど居るから、全部合わせると30匹ぐらいになったかな。

 

 さて、これらのサナギたちを、割り箸にサナギポケットを作って収めて、教室に安全に掲示できるように小道具を作らなくては。

 今年は1本の材木に、10本以上挿せるようにしなくちゃならんな。

 

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

地べたに置くんじゃぁねぇ <春の生き物>

蔓物の播種

 ヘチマ、ヒョウタン、ゴーヤがポットに蒔いてある。しかし、籠の置き場が悪い。地べたに直置きなのだ。どけてみると、ダンゴムシだらけ。ナメクジだらけよりはましだが、そうなるのも時間の問題。

 で、応急に籠を何段か積んだ上に移動させておいた。

 

 子どもたちが帰った後、机の上に置いておく方が良いぞ、って手直しを学年でやってもらった。

 ゴーヤって発芽率が50%になってたって言う。

 5年生がゴーヤを植えているし、校内のどこかでゴーヤの苗も見たような気がする。どうも今年はゴーヤだらけになりそうな予感。ま、夏休みが半分以下に減るみたいだから、夏野菜のゴーヤも良いんではないかい。子どもたちが好きな野菜ではないし、生成型の元気を出す野菜だから。


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

動画を見せやすくするために調製中 <雲と天気の変化>

台風の進路動画

 PC室のバージョンアップがあってから、サーバーに置いていたひまわり画像の動画が見にくくなっていた。立ち上がるアプリケーションが変わったためだ。

 今日はリモートで何か作業をしてるなと思ったら、Windowsのアップデートとともに、その修正らしい。

 この動画は、数年前、7月20日の終業式を直撃した台風。終業式を一日早めたってアノ台風の進路だ。

 

 今年はICTサポーターが居てくれるので助かる。

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

光合成の実験の時期とあうかな? <植物のつくりとはたらき>

ジャガイモとサツマイモ

 学習園のジャガイモに花が咲き始めた。葉ででんぷんが作られるって光合成の実験用にと、常識より遅らせて4月に植えたものだ。花が咲くってことは、トマトのような実がついて、そして倒れるハズ。授業は、叩き染めと、道管の観察。ぎりぎり間に合うかな?

サツマイモ

 光合成で結果がよかったサツマイモを、ジャガイモの隙間に追いかけて植えた。

 コレは、昨年収穫したサツマイモから芽が出たのを、水栽培して発根させたもの。種芋から芽と根が出ていたら土に植えると早く成長してくれる。芽の周りに土寄せをすると、蔓から根が出て、それを切り離して植えると活着が良い。蔓が伸びてきたら、親芋から独立させるつもり。

 

 

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

コロナの渦中に唾液の実験かいな <ヒトや動物の体>

過疎の実験室「ぼっち実験」過疎の実験机手元は書画カメラで

 一日おきに登校する分散登校が始まった。で、クラスの半数が登校なので、12人。理科室に座るとこんな感じ。教室よりもディスタンスが広くて過疎。4人机にたった一人だもん。

 実験の説明を前に集めてやってたけど、書画カメラとテレビで説明。子どもたちが自席を立つことなくすませた。

個人実験

 デンプン溶液に、唾液の染みた綿棒を入れて消化作用があることを確かめる実験。一人で比較対象の水道水を染ませた綿棒の方もやるもんで忙しい。円を描くように振って混ぜる、ってのを両手でやるぐらい。

 ヨウ素液は、滴瓶を使っていたが、浮沈子に使っている弁当用のソース瓶にした。この方が2滴って指示してもうまく垂らせる。ただ、紫外線に弱いので保管にあたっては注意が必要。

ヨウ素反応

 こんな結果になりました。個別包装の綿棒を仕入れてきて正解!。障害籍の子も一人で実験せなあかんって濃密な授業だった。

 「色が出ぇへん」と言ってる子がいる。「ちゃうやん、色を消したんは誰のせい?」「唾液がちゃんと働いてるからやろ」って。色が出るって方が分かりやすいって実験への期待はワカル。

 子どもたちが広げている資料は、臨時休校中の家庭学習の課題の冊子。それでは足りない実験をフォローするだけで進んでいく。次は呼気の組成の予定。検知管を一人1本だとコストがかかるし、それだけ用意していないので、デジタルのチェッカーを使う予定。暖機運転を始めておく。

 

 試験管3本の1人用の実験セットを12個、それを4回準備することになる。4人班でやるなら試験管5本で12セットで済むものを、試験管はのべ8本、一人用を48セット用意したことになる。担任も「これで同じ授業を4回目」って言ってる。手間はかかるが、分散登校の今がチャンスの実験だワ。

 

 で、子どもたちは試験管を水洗いだが、それを集めて熱湯消毒が良いって職員間で言われたらしい。今時、熱湯消毒かよ、って。逆性石けんでブラシ洗いをして、すすぎは、次亜塩素酸ナトリウム液に漬け置きして洗った。やっぱりねぇ、でんぷん糊は水洗いだけでは落ちんワ。

 

 熱湯消毒って言われて気が付いた。コロナの真っ最中なんだな。こんだけ過疎な教室で、流しも一人に一つあたるって環境での実験だから良いのだけど、使った器具の後洗浄はきちんとやらんとアカンわナァ。

 昔、保健室に熱湯消毒の機材があるのは見たことあるけど、今時聞かんよね。昔々保健室で歯鏡を消毒してるのを一度だけ見たことがある。だいたい塩化ベンザルコニウムにジャボって浸してる方が多かった。現在は人数分の歯鏡を用意してるけど。熱湯消毒って言われても、家でジャムを作る時ぐらいだワ。

 

 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

学校再開に向けて流しの清掃

流しの清掃流しの清掃流しの清掃

 臨時休校中はさっぱりと清掃はしてない。流しがひどいだろうなって開いてみたらコレだ。

 椀トラップの底に沈んでいるのは、火山灰らしい。ってことは、椀がけ法で卒業した子らが流した微塵のうちの大粒が沈んだままってことだ。3か月は休校だったとは言え、ブログを掘り起こしてみたら、ウヒャ〜、半年以上ほったらかしってことか。

 

 スポンジでせっせとこすって落とす。ヌルヌルしているのがマシになったら、こびりついているところを、火山灰の砂らしきものをスポンジにつけてこする。ひどいのは椀トラップの内側もだ。

 最後はタライに水をくんで、大量の水を一気に流して、桜島の火山灰を流してしまう。

流しの清掃

 何とか元の姿に戻った。13個の流しを磨いたら、ガラス片が一つ、石が2個、マッチの燃えがらが2本出てきた。

 汚くしてると、ゴミ捨て場になるんだよな。だから、授業再開までにピカッとさせておかんとアカン、のだ。

 ものはついでだ。トラップの椀を次亜塩素酸ソーダ液につけておく。二日後まで放置しておく予定。

 

 さて、並びの家庭科室もおんなじはず。流しのトラップの水も干上がってるんじゃぁないかな? それに、3か月でつもった埃が床も棚も机も降り積もってるハズ。住人のいない特別教室は職員作業で消毒作業が必要みたい。

 

 作業中に校長がやってきた。「特別教室が密にならんように対策をしてる」って写真を撮りに来たらしい。実験机に二つしか椅子が上がっていないのを見て、「椅子をとりはらった、と」。

 半数登校の日に実験をしたら、12人ほどで授業なので、1人あたり6屬曚匹任辰察楽に2m以上は離せる。しかも、1人で実験をすることで濃い授業の準備もしてるし。文科省のガイドラインには反するかもしれんけど、この部屋はめっちゃ、「疎」でっせ、ってアピールしておいた。

 


 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

更新情報

累計記事数: 1794
最終更新日: 2020/07/09

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科
◆以上急ぐ単元
 5年生 理科
◆以上急ぐ単元
 4年生 理科
◆以上急ぐ単元
 3年生 理科
◆以上急ぐ単元
 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング

Microbitでプログラミング

カテゴリー別記事一覧

Special Articles Link

収納の工夫 掲示物 「リトマス紙の保存」 備忘録 「ハンダ付け」 「電熱器の修理」 Scratchプログラミング

特集記事

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

過去の記事

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村