<<back |<最初のページ  第 5 頁 / 全 5 頁中 

洗い物がたまっている

雑巾の洗濯
 都合により、理科授業のメインを執ることになたので、そちらに気が行ってしまってあちこち汚い。
 成績もついたので、久しぶりに洗い物。
 氷を作ったビーカーや試験管は、寒剤の食塩がきれいには落とせていないので、どことなく白い。湯と洗剤で、皮脂まで落ちろ、と洗う。
 一つ洗い始めると、塩がついていそうなビーカーも気になる。それも洗って、温風乾燥機に掛ける。
 
 あとは、何となく薄ぐろい雑巾だ。昼休みをめがけて、家庭科室の洗濯機に入れる。年代物の2槽式は、20枚ほどの雑巾を洗うにはいいサイズ。洗剤で洗ったあとは、漂白剤ですすぐ。試験管立てを漂白したので、残りが少ない。真っ白な雑巾にはならなかった。
 脱水して、窓際の手すりに干す。1枚ずつ、実験机の水道にも干した。
 まだまだ、あちこち磨きたい。
 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

火山灰が流しに降り積もる <大地のつくりと変化>

流しが…
 火山灰を流しで洗ったものだから、案の定、椀トラップの底に火山灰が沈んでいる。それも、桜島の火山灰のようで、黒い色がなんともおぞましい。検鏡後の濡れた火山灰は回収したのだが、それでもこれだけ流れたのだ。
 洗面器に水をためながら、スポンジでこする。かなり粗目の磨き砂だ。ヌメヌメしていた表面がすっきりとする。プラのペトリ皿がすりガラス状になるのだから、火山灰の降りそそぐ地域では洗車するのは気を使うんだろうな。
流しが…
 スポンジでかき回しておいて、洗面器に溜まった水を一気に流す。ゴポッ、ズズズッ、と音を立てて底の火山灰が流れ去る。この作業はすぐに結果が出るので楽しい。

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

塩化ナトリウムではなくって「塩」でいいのだ

塩や砂糖
 実験用の薬品です。薬品瓶に入ったモノではなく、100均やらスーパーで買ってきたモノ。
 どれくらい溶けるとか、スーパーボールを作るなんてことに使う薬品で、塩化ナトリウムじゃなくて、普通の「塩」でいいのだ。箱入りのサラサラした食塩ならイイのだけど、もうちょっと安価な海水塩、天日塩の袋入りがココにある。
 どうも戸棚で袋のままってのが理科室らしくないので、プラ瓶に入れている。プラ瓶は味付け海苔の容器のリユース。蓋が大きくて、ペトリ皿に入れて配布した残りを戻すときに、こぼすことがなくて便利。
 砂糖は、配布がしやすいスティックパック。片栗粉は仰々しく「馬鈴薯でんぷん」と表示しておいた。片栗粉って、じゃがいもの粉だって知らない人がいたから。​
 
 食塩以外に「食酢」「砂糖」「片栗粉」沸騰石の代わりに使う「珊瑚」「コーヒーフィルター」「お茶パック」などを、薬品棚から出して理科室に置くことにした。それと、どこに置こうかと迷っていた大きな石灰水のポリ瓶も。
 古い薬品棚の上段、ガラス戸の方を理科室に置き、こんな調味料っぽい薬品と石灰水を置いている。在庫がどれだけあるなんて薬品台帳に記載するほどの薬品じゃないのだから。

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

試験管洗いを新調して <みんなで使う理科室>

試験管洗い
 実験机の水栓に試験管洗いを下げるステンレスの針金を取り付けた。手持ちの試験管洗いを下げていたが、古びたものなので新しいのを注文した。
スポンジ
 そのついでに、5個100円のスポンジたわしをカッターナイフで半分に切り、化繊の水糸を2本撚り合わせて通して、水栓に下げられるようにしてつけておいた。水糸の結び目をスポンジの中に押し込んでおいたので、何となくスマート。
 試験管洗いは、やはり試験管サイズなので、ビーカーを洗うには向いていない。台所用スポンジの半分のサイズがビーカー洗いには良さそうな大きさ。
 今まで、窓際の流しには、スポンジを置いていたが、直射日光の射す窓際では、スポンジの劣化が早い。ちょっと奥に入った実験机の方が劣化の進み具合は遅くなってくれるだろう。
 

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

雑巾を二つ折りにしたら良いんだ <みんなで使う理科室>

試験管ブラシ
 前からやろうと思って1つだけやって、他はそのままになっていた、水栓に試験管ブラシを下げるステンレス針金。
 確かめをしながら、実験をしそうな授業だったので、準備室で、針金を切って、おおまかに曲げて、授業中に取り付けた。授業中に気が散るようなことをするという点では、何ともひどい実験助手だこと。
 硬い針金は、ペンチに咥えさせて、玄能で叩いて切り口を作り、曲げて金属疲労を起こさせて切る。大まかに曲げるのは玄能のカーブに合わせて金づちで叩く。それを持って、水道用プライヤーを手に取り付けに授業中の理科室へ行く。
 塩酸などにスチールウールを入れた試験管をいずれは洗う時が来る。それまでに各机の水道に配りたいから急いだのだ。50本ほどを子どもたちが洗うとなると混雑してしまうのを少しでも緩和したいから。
 授業が終わって、取り付けた試験管ブラシが落ちやすいのを、カーブを少し修正して回る。  2〜3枚も置いている雑巾との取り合いだが、雑巾を二つ折りにすると何とかなりそう。ちょっと乾燥に時間がかかるようにはなると思うけど。

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

たまには洗濯を

 理科室の雑巾ってのは、汚れた机を拭くだけでなく、消火の役やら、熱い時の鍋つかみ代わり、クッション代わりなどいろいろ使うもので、綺麗な方が良いに決まってる。
 4月から使い続けた雑巾を新しい雑巾に入れ替え、その手で古い雑巾を持って隣の隣にある家庭科室へ。教材用の二槽式の洗濯機なので、思ったメニューで洗濯できる。いつもガラス器具を洗うのに使う台所用洗剤を入れて汚れを落としを最大時間の15分、タイマー任せにしておく。3分ほど脱水して、つぎに塩素漂白剤を入れてまた15分回しておく。漂白・殺菌が出来たので、脱水を最大時間かける。脱水はついていないと、雑巾の偏りで洗濯機が走り出す。時々、止めては中身を平らにし、途中、注水しながら脱水。
 理科室に戻って、窓際の手すりで干し物。
ぞうきん洗濯
 洗ってみたら、排水に少々ロウが浮いていたような…少々緑色をしていたので、銅板で熱の伝わり方を調べた時の緑青まじりのロウらしい。
 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

木製の試験管立て <みんなで使う理科室>

 木製の試験管立てがたくさんあります。使いやすい大きさなので便利です。
 最初に理科室に来た時に、目に付いたのはコレです。乾燥用の棒が、木が痩せたせいで外れて転がっているし、割れが出ているものもあるし、しかし捨てるにはもったいないし…。
試験管立て試験管立て
 この木の棒と同じ太さの木の丸棒がたくさんあるのを見つけました。手作りの天秤を作った名残りです。それを同じ長さに刻んで修理を始めました。
 汚れている台の部分は洗浄し、塩素で漂白し、乾いたらワックスを塗りました。
 よく外れる棒は、裏から穴をあけ、割り箸を叩き込んで太らせて外れないようにしました。割れが入っている台は、隠し釘を打って棒が抜けないように固定しました。
 20台揃っていると便利なものです。よく陽のあたる窓際でいつも乾燥した状態でスタンバイしています。
 


にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
 

更新情報

累計記事数: 1760
最終更新日: 2020/06/07

最新記事 5件

ブログ内検索

単元別記事一覧

 ○理科単元名は啓林館版に拠る
 6年生 理科

 5年生 理科

 4年生 理科

 3年生 理科

 理科以外の教科

ここからダウンロードできます

 Scratch でプログラミング


特集記事

カテゴリー別記事一覧

Today and Now

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

最新のコメント

  • 今日は分散登校日
    BUN3
  • 今日は分散登校日
    toto
  • 自然教材は待ってくれない
    kk
  • 自然教材は待ってくれない
    BUN3
  • 自然教材は待ってくれない
    BUN3
  • 自然教材は待ってくれない
    kk
  • Scratch 窓口順番発券機のプログラムを考える
    toto
  • Scratch 窓口順番発券機のプログラムを考える
    BUN3
  • Scratch 窓口順番発券機のプログラムを考える
    toto
  • Scratch 窓口順番発券機のプログラムを考える
    BUN3

過去の記事

mobile

qrcode

powered

blogRANKING

他の理科ブログを覗いてみますか?

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村